俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

障子貼る何でもなくて障子貼る

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日、暮にはまだまだ早いのですが、黄ばんだ障子があったので張り換えました。
意味なく浮かんだ句です。
季語を二度繰り返すのは変ですか?

最新の添削

「障子貼る何でもなくて障子貼る」の批評

回答者 コウ

ケント様

いつもありがとうございます。
金木犀の句にもご意見ありがとうございました。
「仕事終え腕さする」も考えました。
ただ、コスモスが揺れるのように
金木犀は香を内包しているのではないかと思い香を避けました。
でも唐突かな?とも思っています。

御句、拝読しました。
素直にさらりと読まれ良い思いました。
障子貼りは暮れの決まり事感ありますよね。
うちも貼り直したいところですが
目を瞑ってます😉

また、よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「障子貼る何でもなくて障子貼る」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります。
昔、「毛糸編む誰かのために毛糸編む」という句をつくった記憶が。今読むと、何か、下の「毛糸」は不要ですね。
さて、御句。
下の「障子」は不要かと。「貼る」はリフレインで。
「・障子貼る何でもなくて貼りて貼る」
何でもないのに、貼りかえ過ぎですね。
・障子貼る黄ばみ気になり貼りて貼る
さて、
自句は今なら、
・マフラー編む愛してるが言えずに編む
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「障子貼る何でもなくて障子貼る」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

ケント様 おはようございます。
お世話になります。
季語を二回詠む俳句ありました。
茗荷よりかしこさうなり茗荷の子  正岡子規
御句の提案句です。
障子張りなにごとなくも障子張る
前回は生意気を申し上げました。ごめんなさい。
これからもご指導よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「障子貼る何でもなくて障子貼る」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、私なんかの感性に近づいていいんですか…😅
ご質問の髪ですが😓、小学高学年の時におさげの写真があるかな~
それも肩に付くか付かない程度、後はずっとショートです!スポーツやってたので、
よく、宝塚の男役とか言われていました(身長も割とある方で…)😵この前なんか、通所リハビリで認知症のおばあちゃんに、赤いテイシャツ着てたのに、男の人?とか
言われてしまいました😓
余談が長くなって…もう障子貼りされたんですね~!

「障子貼るなにはともあれ障子貼る」

まず、新年を迎えるのには、障子が白く綺麗なのがいの一番という気持ちを詠みましたが…句意と違うでしょうか?
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「障子貼る何でもなくて障子貼る」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

御句、中七に少し具体性でしょうか。
”障子貼る白になりたく障子貼る”

月の裏の句のコメントありがとうございます。決して合格とは言えませんが、発想を飛ばす、凡人ワードからの卒業に今取り組んでいます。

さて、発想を飛ばすのに次の動画が参考になります。主旨は、ほんの少しの具体性、要らない言葉を省くです。

こんな小学生の句が。×句:夏休み宿題いっぱい大変だ” ○句:”夏休み何をしていたボールペン”

次はご参考迄に。
【凡人脱出】発想は才能じゃない!〇〇だ! - YouTube https://m.youtube.com/watch?v=6z3e-gFd8J4

共に勉強しましょう。よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「障子貼る何でもなくて障子貼る」の批評

回答者 松本まゆみ

句の評価:
★★★★★

ケント様
初めまして!コメント・添削有難うございます。
小豆島からの船で見た中秋の名月!ラッキーでした。
本当に美しくあっという間に高松に着いてしまいました。
皆様に添削して頂くと、とても勉強になります。いろいろな角度から詠まないといけませんね。

ケントさんの、障子貼る・・二つ季語はなかなか私には詠めない句ですが、中七の何でもなくてがとても好きです。どんな心境で障子を貼っていたのか、何でもない中に無心ではない、無心になりたい?その辺が知りたくなりました。

点数: 1

添削のお礼として、松本まゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の朝神の国へのサウダージ

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

白菜を赤子のように抱えゆく

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

廃線を名残惜しむやすみれ草

作者名 シゲ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『障子貼る何でもなくて障子貼る』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ