俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

角折れた句集のページに降る落ち葉

作者 えり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

古本で買った句集で、前の持ち主が気に入ったであろう句のページに印として折り目がつけてあり、自分もその句を気に入ったので同じだな、と思ったという句です。という内容が表現しきれていない気がするので、どうすれば良いかアドバイス頂きたいです。

最新の添削

「角折れた句集のページに降る落ち葉」の批評

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

発想は面白いと思いました。
それを俳句にしようという姿勢も、とても良いと思います。

ですが、俳句十七音に、思いついたことを全て入れられるかどうか?
俳句というのは季語を入れて五七五の十七音しかなく、何かを細かく説明しようとすると簡単に溢れていくのです。

『古本で買った句集で、前の持ち主が気に入ったであろう句のページに印として折り目がつけてあり、自分もその句を気に入ったので同じだな、と思ったという句』
えり様が書いたコメントの説明です。
七十文字くらいあるでしょうか?
見るだけで、これを全て伝えて十七音に入れるのは厳しいだろうなあ・・・と思います。

俳句という十七音の詩にするためには、
「季語」+もうひとつの要素、
くらいまで絞り込んでみることが、基本です。
十七音の残りは、季語かもうひとつの要素を描写する言葉をできるだけ選んでみます。

・開きたる句集に落葉降りにけり
・古本の句集に折り目ある小春
・句集には誰かの折り目冬日和

できるだけ説明し尽くさずに、省略して受け手に想像させることができればしめたものです。
ご参考まで。

短歌ならもう少し説明はできます。
・古本の句集の折れているページ栞のような落葉ひとひら
短歌でも、この程度は省略しないと入らないですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「角折れた句集のページに降る落ち葉」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして、げばげばといいます。
古本に角折れを見つけたのですね!素敵な発見。

小春日の古書に角折れありにけり

こんなのはどうでしょう?古書に角折れを見つけた!という発見と、季語で快い春の気持ちを出してみるという作戦です。あとは、読み手に角折れの共感は預けてみるというかたちはいかがでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「角折れた句集のページに降る落ち葉」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

えりさん!こんばんは!
初めましてよろしくお願いします。

買った古本に好きな俳句に印があって前の持ち主と共有した気持ちかな?
提案句です。
・好きな句にしるし古本石蕗の花
季語の選択の余地はあると思います。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

街灯にぽうと緑のまざりけり

作者名 卓鐘 回答数 : 4

投稿日時:

海に消ゆ雪の見届け浜辺から

作者名 鰐渕颯 回答数 : 2

投稿日時:

ご隠居の先ずはのたまふ初鰹

作者名 東次郎 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『角折れた句集のページに降る落ち葉』 作者: えり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ