俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

羽徐々に下げて蜻蛉の小休止

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

トンボの羽休めです。少しずつ羽を下げてさがり切るとリラックスしてるそうです。
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 イサク

こんばんは。
いろいろ変わっていきますね。このサイトだけで言えば適度に新しい方が入ってくるのが健全だとは思いますし、その人たちに合わせて変わっていくべきだとは思います。

御句、いろいろあって(笑)コメントが遅くなりましたが、当初から良い句だと思っていました。

卓鐘様からも出ていますが、「~の小休止」ここに工夫の余地がありそうに見えます。今の接続だと「小休止」に「蜻蛉の休み方」の説明感が出ているように感じます。
助詞も含め六音。
提案を置いてもいいですが、ちゃあき様に任せようかな・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。
御句拝読しました。
私、これは某句選の「蜻蛉」の会に出したら木曜日まで行く句かと思いました。
理由としては、いつものちゃあきさんと同じく、対象を温かく見ている。あれだけ飛んで疲れただろうな、少し休んだら?という気持ちが「小休止」に表れています。
何よりよく観察なさっています。これまで木曜日以降に進んだ作品の中には、必ず、「よく観察している句」があります。これもそうだと思います。

もちろんこのままいただきます。
ただ、それだけでは悔しいので(笑)、ちょっと語順変えてみました。

・徐々に羽下げて蜻蛉の小休止

う〜ん、「羽下」がつながって読めてしまうなぁ…。原句のほうがいいか!

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ!
羽徐々に下げて蜻蛉の
までの描写がいいですね!
下五、もう一歩なんかできそうですよね。
(提案句はおかないでおきます。うまくいかなそうだがら笑)

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます、
自信の無かった、そこかしこの拙句に共感頂き嬉しいです✴
私は昆虫系(動物もですが😅)苦手なので、よく観察されてるな~と感心しました!羽から始まるのがいいですね。
「羽徐々に下げて蜻蛉の昼休み」
…ふざけ過ぎました😓
もちろん、原句のままで…🙆

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

よう見てますな!。
これはシオカラトンボ(♂)、ムギワラトンボ(♀)の類ですね。
こういうマニュアックな句は好きです。
分かる人には分かる。下げて止まったところが捕まえるポイントです。
幼き頃の虫取り少年の心が蘇ってきましたわ\(^o^)/。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
一読、とんぼの羽根休めの様子を説明しているだけ、とも思いました。が、羽徐々に で羽根休めをしっかり観察されていることが良く分かりました。
でも、やはり小休止が平凡かなとも。

翅閉じて肩の蜻蛉の眠りをり

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

こんにちは

本句、一物俳句のようでよく観察されている句だと思います
着眼点も類想的でもないですし
このままいただきます

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

まさにそうですね。クローズアップされた映像が浮かびます。
そのままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございます

「密閉空間の中で秋思を持って来るのがピンと来ないなあ」
それで良いと思います。密閉空間での秋思だということが伝わらないのは言葉としてこまりものですが、そこが伝われば大丈夫です。
思想や意見同様、世界の把握や感性は人それぞれですから、全部がわかることは無理ゲーです。もちろんのことできる限り共通の感覚の本質をあらたに発見、提示できれば最高ですけど、なかなかそうはいきませんしね。
僕も感覚がわからない句の鑑賞は、(表現に誤りがなければ)作者にとってはそうなんだなぁと受け止めて、選にはとらないだけです笑
ふとわかる時もあるし、死ぬまでわからないこともあるでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

送り火句へのコメントありがとうございました
取り合わせに気を取られるあまり表現がなおざりになってしまいました、、、汗
提案句参考になります!

今後ともよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「羽徐々に下げて蜻蛉の小休止」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんばんは😐
拙句「台風に〜」にコメントありがとうございました。返答遅れてすいません😣💦⤵️
提案して頂いた、
「台風に息ひそむ街パトロール」
気に入りました。自分自身も"息をひそめる"感じが出て、良いですね😉

客観描写に徹した一物俳句、私も試みてみたいです。
実際の蜻蛉をそこまで観察したことがないので、何とも言えませんが、「徐々に下げて」の措辞に工夫の余地がありそうに思えました。映像がぱっと浮かぶ言葉が欲しいですかね…
「徐々に」だと、"解釈"が入る気がします。要らない気もします。
「羽下げて塀に蜻蛉の小休止」
「羽下げて枝へ蜻蛉の小休止」

実物を、今度じっくり観察してみますね…😓

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝まだき飛びし蛍は光線銃

作者名 嘉手納北見 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

行く春や行く宛てなしの五能線

作者名 さつき 回答数 : 3

投稿日時:

揚雲雀ドローンが写す山川

作者名 かぬまっこ 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『羽徐々に下げて蜻蛉の小休止』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ