俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鈴虫や透き通りたる月明り

作者 気まぐれ亭いるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

深夜、鈴虫の声が聞こえる 透き通った音色と月光

前句中八やらかしちゃいました、、、汗
急ごしらえですがこちらにコメントお願いします

最新の添削

「鈴虫や透き通りたる月明り」の批評

回答者 もんこ

気まぐれ亭様
初めまして!この度は拙句にコメントをありがとうございます。

観念的な表現を入れずに描写で勝負!
はい、肝に銘じます!

添削いただいた句、本当に嬉しさ、愛おしさが伝わりますね!

御句
透き通るような鈴虫の鳴き声、透き通る月明り、視覚聴覚を通して心が浄化されます。

またよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鈴虫や透き通りたる月明り」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

単刀直入に、透き通るでは読み取れるものは何もありません。むしろ鈴虫と言えば透き通るは不要なワードだと思います。

鈴虫は鳴き声は大きいのに姿は見えないということがよくあります。そのへんのことを表現される方が面白いですね。
”鈴虫や月に隠れて二三ぴき”

ご参考までに。

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「鈴虫や透き通りたる月明り」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

月は比較的季重なりによく使われる季語ですね。
月が透き通るのではなく、鈴虫が透き通らせるようによめば、主体は鈴虫になり、詩も増すのではと思ったり。

鈴虫の月すきとほるまで鳴きぬ

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「鈴虫や透き通りたる月明り」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

お早うございます。
初嵐句にコメントありがとうございました。
短衣は、みじかぎと読ませたかったのですが、伝わり難いですね。添削句を参考に推敲してみます。
御句、透き通りたる月明かりが私は好きです。季語を変えてみるのもいいかなと。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「鈴虫や透き通りたる月明り」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

気まぐれ亭さんこんにちは。
トマトの句へのコメントありがとうございました。

御句
鈴虫と月明かりの季重なりになってます。(月明かりを季語として乗せていない歳時記もあるみたいですが、私は季語として認識します)
御句は「鈴虫」を「や」で詠嘆してはいますが、中七が月明かりを描写しているので、両方とも季語として立ってしまっているのが損だと思います。
説明欄に「深夜」と書かれていますので、月明かりは省いてそちらを使ってみます。

・『鈴虫の声透き通りたる深夜』
・『鈴虫の声透き通りたる夜半』

これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「鈴虫や透き通りたる月明り」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、気まぐれ亭さん初めまして、トマトの句にコメントありがとうございます。
店と言えば、字数が節約出来ましたね!夫(おっと)と読ませると提案句いいと思います✴
拙句の場合夫(つま)と読みますので下は五音となります😓
御句ですが、コメントしようとしたら、もうげばさんから出ていますが
月明が月の子季語なので…月明かりも同じ扱いが多いかと、季重なりをあえて使っているとしたら、透き通りたるが月にかかっていて、鈴虫とどちらが主季語か?と思いました、
げばさんの提案句は鈴虫が月を透き通らせているようだ!と詩がありますね✴
下手ながら私も一応…
「鈴虫のかそけき音色月あかり」
やっぱりげばさんに一票ですね~

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「鈴虫や透き通りたる月明り」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

気まぐれ亭さん。こんばんは。
吾子の冷やしトマトへのコメントありがとうございます。
息子夫婦は5時間ほど滞在して帰り、今日は私が実家の墓参りに行って
きました。一番大変だったのは、初めて来る旦那の家に来る嫁さんだったと
思います。大事にしてやらねば(笑)。

さて、御句。私は好きですね!。
鈴虫が翅を立てて鳴く姿、翅が透き通っているという視覚。
リーリーという透き通った音色、視点を一気に天頂に持っていく月明り。
月明りも鈴虫の翅を通り抜けているのですよね。
私の感覚では主役は完全に鈴虫です。月明りなんて引き立て役ですよね。
鈴虫の鳴く姿を鮮明に浮かべたのなら気重なりは気にならないと思います。
少なくても昆虫大好き少年だった私にはGoo(*^-^*)。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

がらくたはすべてが遺品雲の峰

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

踊り子の爪先で立つ五月雨忌

作者名 あらちゃん 回答数 : 9

投稿日時:

幸福はゼロサムゲームか蝉が鳴く

作者名 IZMIN 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鈴虫や透き通りたる月明り』 作者: 気まぐれ亭いるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ