俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

椿踏む罪悪感という重さ

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

別の句で人選頂きましたが
私的にはこちらの方が
好きな句でした。
うっかり花を踏んでしまった時の
気持ちを詠みましたが
人によって罪悪感の度合いが違う事への
警鐘も含めて。
ご指導よろしくお願いします。

最新の添削

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 智泉 由紀子

はじめまして。
時刻表の句に添削ありがとうございました。
実際の地名、駅名を入れるって発想が超初心者の私の頭にはありませんでした。
これは、自分の日記代わりに作る時に良いですね。
勉強になります。
今後もよろしくお願い致します。

御句ですが、
自分自身も例え落ちた花でも誤って踏んでしまったらなんとも言えない気持ちがわきますね。
状況としてはすぐ忘れてしまうことを切り取って作ることがすごいです。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、智泉 由紀子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

まずは人選おめでとうございます😊とても好きな句でした、詩を詠もうという意図がうまく表された句に感じました!
掲句の方も詩の意図を感じます。
取り合わせならいいのですが、踏んだ罪悪感というつながりなのだとしたら詩が薄●気がします。

罪悪感といふ重さや落椿
罪悪感といふ重さの落椿
罪悪感といふ重さに椿落つ

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

葉月庵郁斗さんこんにちは。
コメントありがとうございます。
生活人選おめでとうございます。個人的にかなり好きな句でした。

御句
こちらもいい句だと思います。
他の方からもご指摘がありますが、やはり気になるのは上五の「椿踏む」ですね。
「落椿」か「椿落つ」でもよいかと思います。
残りの十二音の作り方はとても上手ですし、詩があると思います。

またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

葉月庵郁斗さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
俳句生活人選おめでとうございます。
御句
椿踏むでなく
・椿散る罪悪感という重さ
椿が散ることが重いとした方がいいかな?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。

皆さんのご意見も勉強の為と思い、読ませていただき、しまったと後悔しています。
罪悪感を感じております。

これまでのご無礼も含め深くお詫び申し上げます。

俳句の世界もやはり人間くさいですね。そろそろソロリ新左衛門、お後がよろしいようで。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌆いつもお世話になっております。
まずは御入選おめでとうございます。
さて、私としては
「罪悪感」と「重さ」がかなり近いと思いました。
「という重さ」に替えて、別の措辞を置いてはいかがと思いました。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

梅一輪一輪ほどの暖かさ
という句を思い出しました。
句意から離れていたらごめんなさい。

椿踏む一輪ほどの罪悪感

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

今回は掲載句との比較が難しいです。
過去の「鳥雲に」「鰆」「春待つ」では掲載句に優位を感じたので比較のコメントを残しましたが、今回はどこがどう優位、とまでは言いにくいです。
どちらの句も、映像よりも心情を詩にしようという意図の句ですし。

強いて言うならば、
◆「椿踏む」で切れるのか「椿踏む罪悪感」とつながるのか、作者の意図はどっちだ?という迷いが出ます。
◆「椿」よりも「椿を踏む自分」が主役のような・・・?
という二点でしょうか。
掲載句にはそういう減点がなく、季語「椿」の詩として成立しているように思います。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

葉月庵郁斗さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
自分はこの句が気に入っていたのですが。
山本周五郎の五辨の椿を詠みました。
後は伊豆の踊りのことも詠みましたが、俳句になじまないのでしょうかね?
人選の句は苦し紛れの句でした。(笑)

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

助詞こ「でばがには」は散文的になるので避けるべきとのことです。
特に「が」は「の」に置き換えるのが無難らしいです。

御句ですが罪悪感と漢字の並びが引っ掛かります。罪の意識ぐらいに柔らかくしてはどうかと思います。

” 椿踏む罪の意識の重さかな

ご参考迄に。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

再訪です。

素直ではない、B型の老害爺の句ですのご容赦のほどを。といっても共感してくれる人は多少はいるのではと思いますがダメかな。そもそも椿には罪はないてすね。季語をちゃかす句はボツのボツでしょう。ならば作るな、!🐽

失礼します。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

青年の野心は内に秋国都

作者名 金太郎 回答数 : 2

投稿日時:

スキー場雪花爛漫けふもなを

作者名 あらちゃん 回答数 : 7

投稿日時:

始業まで五分紙コップのココア

作者名 かこ 回答数 : 14

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『椿踏む罪悪感という重さ』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ