俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

もう一度母に見せたき桜かな

作者 おかえさき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

けばさんや長谷さんの快挙にレベルの差を感じるこの頃…凡句ですが、今の正直な気持ちです。
家の前が桜並木で今見頃です🌸
芭蕉の「さまざまな事おもひ出す桜かな」…桜の句の中で1番好きです。
亡き親友といつも同じ場所に花見に行った事、今施設に居る母を花見に連れて行った事…今母は96歳!花見に連れて行って貰えてるのかな~
大好きな竹内まりやの「人生の扉」に後何回桜を見る事が出来るのだろうという歌詞が身に染みる歳になりました。
最後の桜の木までまだ歩く事が出来ませんが、毎日あの木までと少しずつ頑張ってみようと思っています!

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「もう一度母に見せたき桜かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。N爺です。
いつぞやは有難うございました。私、自分のことばかり話して、おかえさきさんの足のことお見舞いしそびれました。ごめんなさい。大丈夫ですか?1日も早いご快復をお祈りします。

さて御句拝読しました。泣かせますねー。私も母をよく桜の下に連れていきました。最初は一緒に歩いて、のちに車椅子を押して。毎年、あと何回見ることができるだろうねー、とか言っていました。94で永眠しました。
おかえさきさんのお母様は、施設にいらっしゃるなら、必ず花見には連れていってもらえますよ。大丈夫!

あと、げばさんや長谷さんは確かにすごいですが、おかえさきさんのこの句、決して凡句などではないですよ。こんなに切なく親を思う俳句のどこが凡句のはずがありますか。

点数: 5

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう一度母に見せたき桜かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

体調の方はいかがでしょうか?
さて、凡句の件ですが、俳句を何のために詠むのか論というものが出てきますね。
①まず、自分がこれは好きだなあ、という句を詠みたい。②そして、それが誰かの心を打つ句ならいいなあと思う。③その次に、先生と呼ばれる方に選ばれるというグリコのおまけをいただきたい。
私はこの順でいつも考えています。句作を始めたというだけでも、毎日が潤って豊かになれたと思います。そこに加えて、自分が好きだなあと思える句を詠めたときは、ぴょんと心が飛べた気分になります。そして、その句を世に出したときに、誰かが、同じように心が弾んだり心を動かしたりできたりすればなおいいなあと思ったりします。
ここまでが俳句を詠む主眼です。そして、その中で、誰か先生が評価をしてくれたときに、さらにやったーーと思ったりする。これはおまけの部分で、③をメインにしてしまうと、自分は誰かより劣っているとか、誰かが優れているという方ばかり目がいって、楽しかったはずの句作が面白くなくなっちゃうもとなのだと思います。

ということで、N爺さんもおっしゃる通り、掲句は①も②もクリアしている句(③は出していないからわからないけど)なのに、何を卑下することがあるのかーと思います。誰かのスゴイ!を見て、自分の句なんて、と思うのはもったいない、自分にしかない発見や感性を大事にするのみ、だと私は思っています。憧れるというのは佳いと思いますけどね!
また次の句も次の次の句も楽しく詠んでいきましょう!

点数: 5

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう一度母に見せたき桜かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です。

この道場に投稿した句は未発表縛りの場所へはそのまま投句はできません。
このサイトが既発表になるからです。もちろん添削や提案の句はその方の著作となっていくので、提案いただいた句を出すことはできません。
ここで出した句をアドバイスなどをもとに推敲して別の句となった句を投句することは可能です。

私も1年目はこちらの道場で毎日投句をしていましたが、いろんな場所に投句するようになりました。
今は、雑詠だけでできた句のなかから月にお気に入り25句をしぼって投句することになります。
題詠も月に9季語の兼題で句を詠むことになるので、結構月にたくさんの俳句を生んでいくことになります。こればっかりは俳句にどっぷり浸かって楽しんでいる自分にはあまりしんどいことではありません。(題詠はできずに悩むことはあります)詠むのが楽しいからです。

ただ、残る雑詠の句があまりなく、こちらに投句する句が少なくなってしまいました、がこれは致し方ないところです。

おかえさきさんも、俳句ポストや俳句生活、俳句道場など、無料でWEb投句できて、WEBで結果を確認できるところに投句するのは励みになるかもしれませんね!

点数: 5

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう一度母に見せたき桜かな」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

おかえさき様

いつも有難うございます。
上手く表現できませんが
俳句とは読む側の心に響き共鳴したり
季語の力も凄いですが、
同じ空間を感じられたらりするものですね。
御句にそれを感じました。

リハビリも頑張っていらっしゃるんですね。
ご立派なことだと思います。
軽く言えることではないでけれど
少しずつ少しずつ桜の木まで

また、宜しくお願い致します。

点数: 3

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう一度母に見せたき桜かな」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

おかえさき様

いつも有難うございます。
鳥雲にの句にもコメント有難うございました。私はこちらの道場で皆さんが投稿しているのを知り
俳句ポスト365と俳句生活よ句もわる句も〜
に投稿しています。
https://haikutown.jp/post/
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/
haiku/

俳句ポスト365
初級と中級選び投稿できます。
どちらも月曜発表は類想で選外
初級では火曜日〜金曜日掲載 入選
火曜日〜木曜日は変わらず金曜日が最優秀句です。
中級では火曜日掲載から順に
並選、佳作、秀作、特選となります。

俳句生活よ句もわる句も〜
では、佳作、人選、地、天とあります。

先輩の皆様はこれ以外もたくさん投稿していらっしゃいます。
私は一句作るのに大変で2ヶ所でもいつもギリギリ投稿です😅
もちろん、先輩の皆様はいつも上位でお名前を拝見します。
おかえさき様でしたら、どちらに出されても
良い成績だと思います。
俳句は生活を楽しむもので順位を争うものではないと思いますが、
兼題に挑戦することで勉強になりますし
良い評価を頂けた日、ちょっとウキウキ楽しい気持ちになります。
おかえさき様も覗いてみて下さい。

また、よろしくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう一度母に見せたき桜かな」の批評

回答者 やまの はるか

句の評価:
★★★★★

こんばんわ お世話になります
若いころこの時期は桜が散るまで毎日同僚たちと夜桜を楽しみました 速くに逝った友にもう一度見せたいと私も思いました。 おかえさきさんの想いが染みました

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう一度母に見せたき桜かな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
その後お体はいかがですか?
御句
気持ちはよくわかります。良い句ですね。
私の母は99歳で亡くなりましたが、二人で高遠、天竜川、松本のさくらを観て回ったこと思い出しました。
もう一度といわずたくさん桜を見せてあげてください。
これからもリハビリ頑張って下さい。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「もう一度母に見せたき桜かな」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

おかえさん、ご無沙汰しております。
安心して下さい、今でもしっかり気持ちは繋がっておりますよ(*^-^*)。

膝の状態は如何ですか?。
実母も膝が悪く、きっと今年の桜は見られなかったんじゃないかなぁ。
車を出してどこかの桜を見せてあげれば良かったのかなぁ。

いろいろ考え、投句&コメントも何となく軽はずみにできなく、できるだけ慎重に
考えて投稿するようにしております。
現在は、地元地方紙やN俳、俳ポ、通販生活に投稿しておりますので、どこかで
掲載されたら必ず見つけてくださいね(笑)。

俳句を始めて半年、地元地方紙で初めて”秀逸”の評価を頂きました。
これもおかえさんはじめ皆様のご指導のおかげと思っております。
今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう一度母に見せたき桜かな」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

おかえさき様

いつも有難うございます。
春の夕にもコメント有難うございました。
さき様と感性が似ているとても嬉しいです😃
かなり前ですが「化粧水」の句を詠まれていなかったですか?ビビッと来たのを覚えているのですが…
「天空のオブジェとなりぬ大枯木」
季節は違いますが、そっくりな景ですね!
御句は壮大に詠まれいて素晴らしいです。

また、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

サンルーフ開ければ落花零れけり

作者名 感じ 回答数 : 7

投稿日時:

秋まつり飛騨春慶の椀そろへ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

初詣こんどはえーとどうするの

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『もう一度母に見せたき桜かな』 作者: おかえさき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ