俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

気は二十歳恩師の耳の遠くなり

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

明るくてユーモアのある性格の先生は性格はそのままに耳だけ遠くなってしまった。

最新の添削

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 もんこ

かこさま
『考を待ち』へのコメントありがとうございます。
季語を立たせる、なんとなくわかってきたような。。。

かこさまの提案句、『春の朝』すっと季語が立っていますね。

季語、深いですねー!

また宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

無季ですし、報告ですね。
上五に明確な季語を入れれば、中七以降の報告も化けるかもしれません。
「冬の果」「春寒や」では近いですね。うーん。

・浅春や恩師の耳の遠くなり

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

おはようございます!この度は初俳句にとてもわかりやすく心のこもった添削を頂きありがとうございます。なるほど~なるほどと思うことばかりで、俳句の奥深さを改めて感じました。これからも頭の中で色んな表現を考えてみたり、勉強したりしてみようと思います。

〈感想〉
恩師を慕い尊敬している気持ちが伝わる句だと思います。歳は老いてきたけれども、可愛らしい内面を持つ恩師を想うかこさんの優しさが伝わってくるようです。
ありがとうございました😊

点数: 2

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

かこさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
牡丹の芽のコメントありがとうございます。
牡丹の芽のように生命力あふれる力。健康であって欲しいという願望ですね。
貧血の体質なので病気というほどではないです。始めのコメントがおかしかったですね。
励ましありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

石鹸玉の句の添削ありがとうございます。
ご指摘のように上五中七が漢字ばかりで悩んでいました。
添削句の「しゃぼん玉」の方が柔らかくてほのぼのとして良いですね。
とても勉強になります。

御句の感想です。
とても良い句だと思います。無季なのが惜しいと感じました。
いつまでも若い気持ちをお持ちだという恩師の方に好感を持ちました。私の職場にもそのような方がおられます。いつもパワーを貰っています!
いつまでも元気でいて欲しいですね。
とても共感しました。
勉強になります。
いつもありがとうございます。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 RINRIN

句の評価:
★★★★★

私の初投稿にコメント頂きありがとうございました。
かこさんの俳句を拝読しました。
情景が浮かんで、参考にしたいと思いました!

次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、RINRINさんの俳句の感想を書いてください >>

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 RINRIN

句の評価:
★★★★★

私の初投稿にコメント頂きありがとうございました。
かこさんの俳句を拝読しました。
情景が浮かんで、参考にしたいと思いました!

次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、RINRINさんの俳句の感想を書いてください >>

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 RINRIN

句の評価:
★★★★★

私の初投稿にコメント頂きありがとうございました。
かこさんの俳句を拝読しました。
情景が浮かんで、参考にしたいと思いました!

次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、RINRINさんの俳句の感想を書いてください >>

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

木の芽煮コメントありがとうございます!
夏井先生のところのラジオ兼題で、木の芽漬、木の芽煮がお題の回だったのですが、二句出して入選しなかった方の句でした。わりと、天狗で詠んだ方も多く類想だったみたいですが、少しずらして天狗みくじで詠まれた方は入選でした。
かこさんの言うとおり、どこで木の芽煮食べてるの?季語と合う?というのが推敲のポイントかもしれませんね!ありがとうございます💫

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 秋雄

句の評価:
★★★★★

「朧月声色かえるおばけ絵本」の小川です。
添削ありがとうございます。
子供なら朧は難しいですよね。
なるほど。いつも勉強になります。
また、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、秋雄さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

赤壁蝨がきれいで俳句詠めません

作者名 卓鐘 回答数 : 2

投稿日時:

氷嚢の氷求めて走りけり

作者名 よし造 回答数 : 2

投稿日時:

春日中猫の瞳は六時なり

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『気は二十歳恩師の耳の遠くなり』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ