俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります。
湯槽で「寒卵」の俳句を考えていたら
寝てしまったと言った感じです(^^;
宜しくお願い致します。

最新の添削

「冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな」の批評

回答者 佐渡

コウさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
風邪のコメントありがとうございます。
お粥は有難いですね。家内に言って聞かせますよ。(笑)
老いたせいかなかなか治りません。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。冬の夜の舟、なのか、冬の夜の湯槽なのか、というところで少し印象が変わったので、私はイサクさんの最後の提案の詠みになりました!

さて、いよいよ来週俳句ポスト「落葉」ですね。好きな句詠めました?私は、この句ならいけそう?という仕上がり句ができて打ち止めといつもするのですが、今回落葉では打ち止め句が定まらなかったですね。よく知る季語過ぎても類想のかたまりになっていくし難しいですよね。今年一発目なので頑張りたかったのですが。その分、寒卵を多作しているところです。N俳でも出したので、出涸らし状態ですけどー。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
寒卵苦しみました。
自信は全くありません(泣)
皆様の提案句ほぼ出てますので
諦めました(笑)
俳ポ楽しみにしてますね
またよろしくお願いします。

「かな」を外して「の」で繋ぎました。

舟を漕ぐごとく湯槽の冬の夜

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

コウ様、こんばんは🙂
お世話になります。

湯船で、こくりこくりですか…😄
直喩にするより、暗喩で…
「冬の夜に舟を漕ぎつつ湯槽かな」
「冬の夜に舟を漕ぎつつ湯船かな」
とか…

また宜しくお願いします😉

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

コウさん!おはようございます
いつもお世話になっております。
湯船の中は気持ち良いですね。寒卵いいのできました?
提案ではありませんが、こんな句を見付けました。
・山眠る如く机にもたれけり  高浜虚子
虚子も俳句を考えているうち寝てしまったのかもしれませんね。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

この句では季語が単なる季節っぽいので、もう少し季語を立てたいですね。

たとえば一文字変えて、「かな」の前の「湯槽」まで「冬の夜」を繋げてみます。

・冬の夜の舟漕ぐごとき湯槽かな

あるいは、季語の位置を変えて「冬の夜」を詠嘆するかのような感じで。

・舟を漕ぐごとく冬夜の湯槽かな

いかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

舟を漕ぐと湯槽、舟が2回出てくるので、一つ消すか、逆に強調するかどちらかが良いかなと思います。
冬の夜や湯舟の中で舟を漕ぐ
冬の夜や湯煙の中舟を漕ぐ

もう一つ、必ずしも変える必要はないと思うのですが、風呂=夜、の感じなので、夜はなくてもわかるかなとは思います。ほかの要素を入れることが出来ると思います。一例ですが。

冬深し湯煙のなか舟を漕ぐ

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

コウさん、こんばんは。いつもお世話になっております。
コウさんの心中、お察し致します。船を漕ぐと湯舟とでは近すぎる。
せめて湯槽と表記し”船”の字を使わなかったんですよね。
寒卵も分かります。難しい季語でした。今回も初心者に投稿しましたが
落葉以上に自信なし。これでは中々皆さんと同じ土俵に上がるだけでも
時間が掛かりそうです(金曜掲載まではこのまま頑張ります!)。
ニュアンスは変わりますが、提案句を残させて頂きます。
・のぼせをり湯舟の中の寒卵
今回は正にこんな状態でしたわ(笑)。今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

コウさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
ゆでたまごコメントありがとうございます。
「ほんとに風邪でよかったですね。」と看護師さんにも言われました(笑)
寒卵難しいですね。いくつかだしましたけど、どうなるか?
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

印泥を煉りて仕上げる霜夜かな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

静けさや我に欲する森の声

作者名 さくら 回答数 : 5

投稿日時:

五円玉穴の向こふに遠花火

作者名 めでかや 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の夜の舟漕ぐごとく湯槽かな』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ