俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

月見酒縁の欠けたる盃よ

作者 よしはむ  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日は十五夜なので、月の俳句を作ってみました。
月見をしながらお酒飲んでいるところです。

最新の添削

「月見酒縁の欠けたる盃よ」の批評

回答者 ハオニー

上五「濁り酒」だと不穏ですが、「月見酒」だと光景が立ち上がってきます

「よ」が取って付けたように見えるのは、きっと私の性格が悪いからでしょうね
「よ」を消すことは出来るものです

盃の縁欠けており月見酒
縁が欠けていても気にしない、今夜は名月だから
...なんて解釈は面白そうですね
自分で言うのはおかしいのですが(

点数: 0

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「月見酒縁の欠けたる盃よ」の批評

回答者 腹井壮

よしはむさん、こんばんわ。お久し振りです。というかかぎろいさんと同じ人だったんですね。褒めて下さいとの事ですが上五は「濁り酒」より全然いいですよ。少し欠けた杯に少し欠けた月が映っているのでしょう。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

久々に宇宙の空の梅雨の晴

作者名 喜子 回答数 : 2

投稿日時:

下京の霙るる路地に猫二匹

作者名 かわせみ 回答数 : 2

投稿日時:

半袖の腕に冷んやり今朝の秋

作者名 水越里絵 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『月見酒縁の欠けたる盃よ』 作者: よしはむ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ