俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

まくなぎや呼吸ひかへて二間橋

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まくなぎという虫が季語であると知ったので作りました。二間橋は長さが二間の橋という意味で固有名詞ではありません。ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「まくなぎや呼吸ひかへて二間橋」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。「まくなぎ」が全然わからなかったので、反応遅くなりました。
みなさんのコメント見て、さらに調べもしましたが、要するに蚊柱のようなものですね?
それで呼吸を控えるわけですね。わかりました!口や鼻にに入ったら大変です!

私は「まくなぎや」と切れ字を入れて詠嘆している場合ではないと思いました。早く渡り切らないと(笑)。
あと、「二間橋」、これは固有名詞に読めますね。それもいい感じの。そうでないなら「橋二間」であればいいと思います。

私の提案句は、

・まくなぎの橋にマスクのありがたみ

↑この場合、マスクは季語ではありません!ダメですか?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「まくなぎや呼吸ひかへて二間橋」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。

御句について。

・「呼吸ひかえへて」は、結構な音数を使って、まくなぎに対処する説明をしている感じがします。
・「二間橋」。固有名詞感をなくすなら「橋二間」かと。

 息止めてまくなぎ群れる橋二間

といった感じでしょうか。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「まくなぎや呼吸ひかへて二間橋」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「まくなぎがあるから呼吸をひかえる」という理屈が前面に出てきてしまっています。
原因になって二物取り合わせになっていないので、切れ字の「や」も効いてないですね。

「二間橋」の固有名詞っぽい理由と解消法は長谷様の言うとおりですが、そもそも「まくなぎのある間は息を控える」という句に「二間」「橋」それぞれ情報が要るかどうかというのを考えてしまいます。そこに下五に「二間橋」という単語が出てくるので、余計に固有名詞っぽくみえるのではないかと。

・まくなぎの橋息止めてわたる橋
・まくなぎの群れゐて二間息止めて

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「まくなぎや呼吸ひかへて二間橋」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは😊
毎度お世話になります。
「まくなぎ」が、初耳なので、映像が浮かびませんが、この「や」はやはり親しみの「や」なので、訳の分からん虫には「よ」で呼びかけた方が…
「まくなぎよ呼吸ひかへるニ間橋」
とか…

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「まくなぎや呼吸ひかへて二間橋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。私も昨年7月
蚊柱や口を噤みて帰途につく
という句を読みました。みなさんからのコメントは、口を噤むという慣用表現が正しいか、蚊柱があるから帰途につくという因果感、説明感。
結果、イサクさんの添削
蚊柱のひとを黙らす夕まぐれ
がばちっっと来ました。

そうなると呼吸ひかへて、がまくなぎがあるからという因果の感。橋を渡る渡り方の説明感は出てしまいます。ということで借りてしまいました。
まくなぎのひとを黙らす橋二間

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

彫刻も冬衣脱ぎ風光る

作者名 HIGUMA 回答数 : 2

投稿日時:

桜花浮かぶ湯船に鳶の影

作者名 テリー 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

待ち合はせまであと少し木の芽道

作者名 イサク 回答数 : 24

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『まくなぎや呼吸ひかへて二間橋』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ