俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紫陽花のリトマス紙めく赤と青

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「一年の」には多数の温かいコメントを有難うございました!
次はお題でと考えたのですが、あまりにど真ん中でなかなかまとまらず…。
本句はいつまでもアニバーサリー句を載せておくのは恥ずかしいので投句しました。ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「紫陽花のリトマス紙めく赤と青」の批評

回答者 友也

なおじいさんの俳句を拝読しました。
発想が良くて、参考にしたいと思いました!

「紫陽花のリトマス紙めく」と言う表現が面白いなと思いました。そして「めく」と言う言葉を初めて知りました。「ざわめく」とかは知っていたのですが。「のよう」ではなく「めく」なら一音を節約できていいですね。酸性かアルカリ性かで、赤と青に色を変えるリトマス紙と、紫陽花との取り合わせがとてもいいと思います。アントシアニンと言う色素で紫陽花の色は変化するそうですね。その発想の飛ばし方は素晴らしいと思います。見習いたいです。

「秋茜」への添削ありがとうございました。本当にやってはいけないことをいくつもやってて恥ずかしいです。当分の間「俳句の型・その1」をひたすらやることにします。

今回の句は、私が行ったことのない場所について詠みました。北八ヶ岳の坪庭には行ったことあるのですが、高原の音楽堂には行ったことはありません。最初は坪庭で句を作ろうと思ったのですが、秋茜が飛んでいる高原で、音楽が鳴り響いている光景が素敵だと思い、句にしてみました。

小曽根真のジャズピアノは名古屋ブルーノートで聴いたことがあるので、それが高原の澄んだ空気に鳴り響く様子を思い浮かべました。ならば「響く歌」ではなく「ジャズピアノ」にしとけばよかったなと後になって思いました。それでも「舞う」が必要ないので、見直す必要はあるのですが。

「だから私はこう思った」ということを、その「何」で表現する。季語の力を借りる。難しいですが意識してやってみます。最近作った句は「秋の日や」とか「秋の夜や」とか、そんなのばっかりなので難しいですが、早く「グアム島朽ちた戦車に大夕焼」のような俳句を作れるように精進します。

そして、いつもお気遣いいただきまして、本当にありがとうございます。私は、今は仕事を一年近く休んでいまして、家で寝たり起きたりの暮らしを送っています。外出もほとんどできない状態です。こんな状態ですが、月末に京都の教会の集会に行く予定です。牧師先生は90歳を超えておられ、これが最後かもしれないので、なにがなんでも行くつもりです。

私事を長々とすみません。次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!今日も惜しみない祝福がありますように。そしてさらなるご健勝とご健吟を心よりお祈り致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「紫陽花のリトマス紙めく赤と青」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
今回も添削ありがとうございます。
伝わりづらい比喩では誤解を与えてしまいますね。
発想を飛ばしすぎて、詠みたかったことと実際に詠んだものの差が開いてしまいました。
そこらへんを反省して、もっと良い句が作れるように頑張ります。

御句
紫陽花の赤と青をリトマス紙のようだと持って行ったのは流石ですね。
酸性かアルカリ性かで色を変えるリトマス紙と、しだいに色を変え「七変化」とも呼ばれる紫陽花の取り合わせは良いと思います。
発想の飛ばし方、比喩の使い方、勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のリトマス紙めく赤と青」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうごさいます。猫が、スフィンクスのような姿で寝そべっているのを詠んてみただけでした!

紫陽花とリトマス紙はかなり類想多いでしょうね。紫陽花色の変化が、土壌の酸性度に依存することの説明のようでもあります。
俳句生活の兼題でもありますがもう出しちゃって大丈夫ですか?😅

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のリトマス紙めく赤と青」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは😊
いつもお世話になります。
理知的な描写で、なるほどと思いました。ちょうどそんな色ですね😉
「紫陽花や」とかで、詠嘆しなくて良かったと思いました。

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のリトマス紙めく赤と青」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。でで虫の拙句へコメントありがとうございました。ポスト用の句を考えていたのに、そっちの方は出来ずに・・・(汗) でも、なおじいさんに気に入って頂けたので嬉しく思いました。(^.^)

御句を読ませて頂き、紫陽花とリトマス紙の色の類似性の発見が面白いと思いました。自然の色と人工的な色なのに相通じ合う何かを感じました。提案ではないのですが、語順を入れ替えてみました。またよろしくお願いします。
*リトマス紙めく紫陽花の赤と青

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のリトマス紙めく赤と青」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句。今月末の俳句生活のお題も「紫陽花」なので、最近紫陽花ばかりさがしてます(かたつむりも)
紫陽花って七変化っていわれるくらいだからど真ん中なんでしょうね、比喩としては。そう自戒コメントに書かれていたので、この句はあえて、俳句生活サイトには投句しない自選ボツとして、ここで感謝句を下すために出されたということなのでしょうか。
この句自体は好きですけど、卓鐘さんの言うように、たしかに、紫陽花っていろがかわるのですよ、という説明の感じはよぎりますね。過去俳句ポスト初級木曜2014年にありました。直喩にしない方がいいのかなあ。ど真ん中も好きだけど、生活へ投句となるとど真ん中は避けたいかもですね。

紫陽花やリトマス試験紙赤酸性/旧重信のタイガース
紫陽花は人の心のリトマス紙/れんげ畑
紫陽花はリトマスの色雨の色/南亭骨太

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のリトマス紙めく赤と青」の批評

回答者 ふり

句の評価:
★★★★★

いつも添削頂きありがとうございます。

拙句、鮎釣りの句ですが、確かに普通の日記みたいですね。言いたかっただけの様になりました。詩的にするにはどうしたらいいか、皆様にアドバイス頂いているにもかかわらず、まだわからずにいます。

御句ですが、紫陽花の色の移ろいは綺麗ですよね。儚いというか…。一つとして同じ色がないところが好きです^ ^

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ふりさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のリトマス紙めく赤と青」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
再訪です!コメントありがとうございます。
たしかにもう片方はなくなりましたね、今は本の時代ではなくなってきたし。

夏の闇、たりすぎましたね。ちょっと狙いすぎて煩い感じでしょうか。夏の夜くらいが妥当かなあ。
そうなると、黒南風や火取虫もいいですね、とくに火取虫なんかは、自販機にとりついている火取虫がなんだか、ぶくぶくと太っていて、奇妙な感じで、ひとり虫にも見えて、俳味がある感じがします。そもそもスキン自販機を句材にしちゃうのも変な感じですね。
いつもありがとうございます!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

リトマス紙めける紫陽花の赤と青

回答者 白南風と黒南風

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました。
私のことを覚えてくださっている方がいたとは、なんだか温かみを覚えました。
最近優しい言葉をかけられることも少なくなってきましたので。

紫陽花の色が赤と青であることがわかりやすくするために語順を少し変えましたが、すごくいい句だなぁと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、白南風と黒南風さんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のリトマス紙めく赤と青」の批評

回答者 ふり

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
拙句へコメント頂きありがとうございます。
提案頂いた語順は私も考えていました。でも半世紀よりも魔物と言いたかったのであの様な句となりました。そして敢えての切れ字だったのですが、結果的に季語と近くなってしまいました。別な季語を選べば良かったですね。誤解を招く独りよがりな句でした。次回またチャレンジです。
また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ふりさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のリトマス紙めく赤と青」の批評

回答者 ゆめか

句の評価:
★★★★★

なおじいさんお疲れ様です。
前々回で自分も紫陽花の色の違いについて詠んだばっかりですし、やはり考えることが似通うんでしょうかね……
ちなみにリトマス紙と色の変化は逆になります(酸性が青、アルカリ性が赤)。ありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、ゆめかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

三日月や身を浄めたる刀鍛冶

作者名 腹井壮 回答数 : 3

投稿日時:

玉葱を貰へりと言ふ女の手

作者名 負乗 回答数 : 2

投稿日時:

雪催い影の無言のレントゲン

作者名 めい 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紫陽花のリトマス紙めく赤と青』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ