俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

四段に叩きつけられ冬の滝

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

水量が少ないので岩にぶつかる様がよく見える。

最新の添削

「四段に叩きつけられ冬の滝」の批評

回答者 翔子

久田しげき様
冬の滝の凄さが、伝わってくるようです。ぬるま湯に浸かっていたい時もある私が、しゃんとする感じです。話は変わりますが、私がいる事で、久田様にとても迷惑が掛かっているのではないかと心配です。久田様を慕っていた三男様も何処かへ行かれてしまいました。私はいつまでも久田様の句を詠んでいたいのですが、迷惑かと心配しています。ごめんなさい🙇

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

野の花よ青き可憐ないぬふぐり

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

よしこよし並ぶものなしカタバミの花

作者名 藤原望未 回答数 : 1

投稿日時:

かりそめのコロナ以前の花見酒

作者名 肥川 稔 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『四段に叩きつけられ冬の滝』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ