俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

万緑万緑朱鳥居万緑

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日のラジオ一句一遊の金曜の句を聴いてて
季語「ギヤマン」というきれいなガラスの器が兼題。
よく冷えてギヤマン燃えてゐるかたち/古瀬まさあき
ギヤマンをはじけば水の影ふるふ/飯村祐知子
ギヤマンにそそがれみづのしんのいろ/わらわらうさぎ

どれも凄すぎて圧倒された。
「誰もが分かる言葉を用いて、誰も真似できない詩を出す」ということへの感動。目指すはそれだよなあ。天の古瀬さんの、「涼」のためのギヤマンが燃えて作られる感じの本意の迫り方もスゴいし、他のコップでないギヤマンに注がれる水に迫る二人もスゴイ。水には影も色もないけど、ギヤマンこそがそれを映し出すわけだし。

とかいろいろ思って思って、自分が今日詠みたかった万緑の中の朱鳥居をどう表したいのかわからなくなったので、今日は、、、、「猫車」のときの型で。

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「万緑万緑朱鳥居万緑」の批評

回答者 卓鐘

滝へのコメントありがとうございました。あたたか以外は割と満足いく投稿はできてますね。(自分の今のレベルでやれることをやった感)

僕の場合はあまり選考結果と好みに差がない感じです。以前はありましたが見返すとそれゃだめだわなぁとなる感じ。というか、僕にとって俳句は競技で、選にとられてなんぼなところがあったりします。競技が基本的には好きなので。

滝は結構好きな季語の一つで、一瞬の現象の一つ一つとして、一つ一つの現象の集合としての滝、その一瞬の現象の集合が時間的に永続して繰り返される時間も含めた集合としての滝。
それらが複合的に組み合わさった滝というのが、この季語の本意ととらえてます。
一瞬の現象、現象の集合、永続的に繰り返される現象、これらを一句で表現できないものかと模索してますが、そこはなかなか難しい。

取り止めのない話ですみません。ゲバさんが読んでくださった句意にほぼ齟齬はありませんでした。今はほんと今の一瞬が消えたような感覚をよみたかったですが、表現しきれてない自覚があります。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「万緑万緑朱鳥居万緑」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
一句一遊、ギヤマン回は後で見ると明らかに推敲不足・・・「天」句と比較してもダメですが、句材への愛の足りなさを思い知った回でした(季語への愛はあるつもり)。

「鶏頭」は「いっぽんから鶏頭」なので、リフレインで「鶏頭いっぱい」的な感じでアリだったと思うのですが、御句のように「万緑」という季語だと、ちょっと季語を信頼していない感がありますね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「万緑万緑朱鳥居万緑」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

御句わかる!万緑の中の鳥井とその色の対比は惹かれますね。

僕もどこにもだしてなかったですが、
万緑の中や鳥居を抜ける度深む
という句を詠みました。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「万緑万緑朱鳥居万緑」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんにちは。

御句について。

・色の対比か、鳥居の存在感か、どこに焦点をあてるか、だと思うのですが。
・「万緑」一語で十分すぎる(この間のNHK俳句ではこの「万」に悩まされていた感じ…)ので、この繰り返しは過剰に思います。「緑」だけなら、繰り返しもアリか。
・指折り数えて、音数足りてます? 「朱鳥居」の読み方の問題でしょうか。

 みどりみどり鳥居くぐつてまたみどり
 万緑に染まぬ鳥居の赤さかな

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「万緑万緑朱鳥居万緑」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんにちは
「万」という数字の持つ力、すなわち季語【万緑】に紅い鳥居が埋まってしまっています。
これが「新緑」としたら柔らかいイメージとなるので、幾分違うかもしれませんね。
あとは字数のバランスでも「朱の鳥居」とした方がよさそうです。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「万緑万緑朱鳥居万緑」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
拙句「笑われてなんぼ」にコメント有難うございました。

さて御句拝読しました。一言で言うと、くどいですねー。

万緑と言えば、私は「万緑の中や吾子の歯生え初むる」という中村草田男の句が思い浮かびます。大好きな句です。この句から、万緑が季語になったそうですね?

万緑に限らず、季語はその一言で全てを語り尽くすほどの力を持っているのだと言われ、私もこの句を読むたびにそれを実感します。
それはげばさんも同じだろうと思いますのになぜ季語を?三回も?繰り返して?

お気持ちはわかりますが、万緑の一言で語れるものを繰り返したこと、それもその繰り返し方が、よくわからないやり方で、ちょっと私は困惑しています。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「万緑万緑朱鳥居万緑」の批評

回答者 夢路朗

句の評価:
★★★★★

「扇風機」へのコメントありがとうございました。
なんの知識も勉強もしてないままに初俳句をいきなり投稿してしまいましたm(_ _)m
これから勉強していきます。
さて、こちらの作品。
評価なんてまずできるわけないですが、漢字ばかりの作品に驚きました。こういう手法もあるのですね
勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、夢路朗さんの俳句の感想を書いてください >>

「万緑万緑朱鳥居万緑」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。超特急の句へご意見ありがとうございました。ご提案の句は自然な感じで上手にまとまっているなあと感心しました。

御句:16音? 字面を見ずに音だけで聞いた場合にこの俳句の意味が分かるかなあと思いました。新しい表現を追求する精神はすばらしいですが、今回はあまり共感できませんでした。でもチャレンジは続けて欲しいと思ってます。!(^^)!

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「万緑万緑朱鳥居万緑」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんばんは😊
試みには感心します。かな一つないのも興味を引きますね😉
しかし、「万緑」を三乗すれば、''兆緑''ですかね…😆
キャッチコピー的な句は私も大好きですが…

あ、遅れましたが、「時鳥」の句、気に入りました。流石ですね…😉

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

暑い夏北海道の大自然

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

釣銭の十円ばかり落ちて梅雨

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

草矢打つ女教師の背にかな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『万緑万緑朱鳥居万緑』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ