俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

向日葵の小径走る子迷路なり

作者 やす  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

向日葵畑は一旦入り込むと出口が分からず迷路のようで、子供が走り回って楽しそうでした。

最新の添削

「向日葵の小径走る子迷路なり」の批評

回答者 なおじい

やすさん、こんにちは。
御句拝読しました。
向日葵の小径とか言われると、私のような年配はチェリッシュの「ひまわりの小径」という歌を思い出します。やすさんのようなお若い方はご存知でないかもしれませんが、大好きな歌でした。でも映像としてはソフィア・ローレンの「ひまわり」が浮かぶのですから勝手なものですねー。

さて御句、原句ではお子さんが迷路になってしまいます。そこでちょっと語順とか工夫してみましょう。

・向日葵の小径は迷路子らの声
(姿は見えないけど)
・走り回る子ら向日葵の迷路かな
・子ら走る迷路向日葵畑かな
・迷路めく向日葵畑子らの影

いっぱい考えてみました。どれか一つでもお目に留まれば!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「向日葵の小径走る子迷路なり」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

やす様
こんばんは

大きな向日葵畑は気が遠くなりそうになりますね。迷路をラビリンスにしても面白いかもしれません。

子ら走る向日葵畑はラビリンス

畑はバタと読んで字余り回避。

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鄙びたる河鹿の宿の湯あみかな

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

パープルヘイズ爆裂ファズの春月夜

作者名 三角すい 回答数 : 1

投稿日時:

木犀に燻る医院や人の列

作者名 三男 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『向日葵の小径走る子迷路なり』 作者: やす
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ