俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春日傘判決を待つ人だかり

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句生活は2句出しでした。
げばさんは満足いってないかもと鳥越さんからお言葉をいただきましたが、「人」大満足です。これはいけそうというときもあれば、この兼題は詠めないというときもあって、今回は後者でした。

どちらも状況で春日傘の人物像を出そうという詠み方しかできず、でしたが、もう片方はどうでしょうか。

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「春日傘判決を待つ人だかり」の批評

回答者 ちゃあき

こんばんは。「蟻の列」へのアドバイスどうもありがとうございます。比喩と取り合わせの違いが理解できていませんでした。作者の視点は、それが過去のことであっても現在のこととして詠むという理解でいいでしょうか?また御提案句はとてもいいですね。気に入りました。
さて御句。情景は描けていると思いますが、春日傘とは少し遠い感じがして共感までには至りませんでした。むしろ真夏の方が絵になるかなあなんて・・・
*判決を待つ人びとの日傘かな
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春日傘判決を待つ人だかり」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんばんは。安定の人選おめでとうございます!とてもいい句でしたよー。2番線が駅の中央をイメージさせていい感じ。

この句はあれと比較すると春日傘の立ち位置が曖昧ですね。

春日傘判決を待つ人の中

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「春日傘判決を待つ人だかり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

コメントありがとうございます。前句の即吟の本意に気づいたコメントを残しているのは、いまのところげばげば様だけです(笑)お付き合いありがとうございます。
そうそう今回佳作が過去最高数の前回を200句以上越えて1200句もあるんです。対して、人選は「泉」以来の少なさ。・・・佳作に上位選常連様も紛れ込んでいるし、急にどこか基準がかわった?(ポストの【小春】回のように)という感じはあります。

御句、比較したら、人選句優位ですねぇ・・・
卓鐘様も近い意見のようですが、こちらの句は、誰が春日傘をしているのかわからなくなっています。
人だかりの中で日傘をさしていたら危ないので、遠巻きに見ている自分が春日傘をさしていると思いましたが、それは理屈での解釈なので・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「春日傘判決を待つ人だかり」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんにちは。

御句と「二番線」句との投句…、もしかして、「二番線」句の方もそこそこの“人だかり”を想定されていた感じでしょうか(駅の営業最後の日のセレモニーとか)。私は、「この駅を使うのも今日が最後」と思いながら屋根の無いホームに一人ぽつんと立っている景を見ていました。

御句も“人だかり”を言及しなければ、どちらが選でもおかしくなかったかも。
「判決を待つ人だかり」というと報道陣が連想されて、どうも春日傘と馴染まないのですが、

 春日傘判決を待つ人のゐて
 春日傘判決を待つ人の列

くらいなら、原告やその関係者くらいには想像できたかも知れません。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「春日傘判決を待つ人だかり」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございました
私の中でどうしても取り合わせは
自分の思っている
イメージになってしまうので
気を付けてなければいけませんね。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「春日傘判決を待つ人だかり」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

再訪

コメントでさらに分かりにくくしてたら世話ないですね^^「言葉遊び」というのは、「イデオロギー」という言葉を目にしたので、7音の言葉と季語をパズルのように当てはめただけで特に表現したいことがあるわけではないよという意味です。とはいえ、観賞できる組み合わせになったので、僕も読み手の一人です^^

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「春日傘判決を待つ人だかり」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

げばげば様、いつも丁寧なコメントありがとうございます。
御句とても好きです。
ニュースなどでもよく見る情景ですが季語の春日傘でより良く情景が見えますね。

句具句会初投句してみましたが、本当に俳句を詠むのが楽しくて楽しくて。
生き甲斐の1つです。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「春日傘判決を待つ人だかり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
俳句生活、私は佳作でしたが、げばさんは人選でしたね。入選おめでとうございます!
他にもこの道場のメンバーの名前を多数拝見して、うれしく思いました。

さて御句、失礼ですが私は入選句より、この掲句のほうがいいと思います。好きです。
もちろん入選句もいいのですが、掲句はすごいですね、人生の裏表をお詠みです。

最初はごく普通の印象で、失礼ですが、「こりゃダメだわ」などと馬鹿な査定。

しかしよく読めば深い。

この作者は、春の日差しの強い日に、たまたま裁判所の前を日傘をさして通ったのですよ。そしたらすごい人だかり。「あら、何かあったのかしら?」てなもんです。
実はその日、列島注目の判決が出る日で、作者が通りかかった時は、今にも判決を書いたビラを持った人が飛び出してこようかというようなタイミング。
もちろんそんな人だかりでは、呑気に日傘をさしている人はいない。みんな緊張と期待、不安と希望が入り混じった表情をしている。居並ぶ報道陣、カメラの列。

裁判所の中では人の一生を左右する判断が告げられようとしている。
その外で固唾を呑んで結果を待つ人だかり。
さらにその外に、たまたま通りがかった人が日傘をさしてのんびりとその光景を眺めているー。

こんな情景を思い浮かべました。
さすがげばさん。この対比はすごい。
なぜ天ではなかったのか?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「春日傘判決を待つ人だかり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
再訪です。
拙句「五十日」にコメント有難うございました。実は投句直後に、げばさんのコメント通りのことに気がつきました。
私の作句時の心境は、「ん?いやにATM並んでいるな。日傘をさしたご婦人まで。ああそうか、今日は五十日か。だからか」と、結局五十日に感慨が行ってしまっていました。
また、「ブラウス」の方には温かい鑑賞を有難うございました。励みになります。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

母の日や夢で感謝の照れ隠し

作者名 和光 回答数 : 2

投稿日時:

好きなだけ泣いてごらんと里の蝉

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

急く足のひと時緩み冬木の芽

作者名 慈雨 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春日傘判決を待つ人だかり』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ