俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏近し付箋はみ出す歌語事典

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

7連休に入りましたー。4月まで走り抜ける仕事なのでここが1年の一段落。私の中ではどこに行くわけでもないので、句集を読んだりまったり作句したりしちゃいますー。

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「夏近し付箋はみ出す歌語事典」の批評

回答者 大江深夜

げばげばさん、お久しぶりです。
掲句の講評については他の方が仰っているように「付箋」ははみ出ていて当たり前の物。句意に沿った添削をすれば
・夏近し付箋ばかりの歌語辞典
となりますが既に似たような案がありましたね。
さて歌語辞典なる物の存在を初めて知りました。17音で自分の伝えたい事を伝えるには語彙力が高いに越した事はありません。時間がある時など図書館で広辞苑や類語辞典をパラパラめくって使えそうな言葉をチェックしています。この歌語辞典なる物は一冊手元に置いて良さそうですな。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、大江深夜さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夏近し付箋はみ出す歌語事典」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんにちは。

御句について。

・「付箋はみ出す」…付箋って、そういうものでは? ということで、「はみ出す」を別の語に変えたいなと思いました。
・「歌語事典」というのは一般的なんでしょうか。特殊な固有名なんでしょうか。私は持っていないので(私の手許にある俳句に使えそうな辞典類は…国語辞典、古語辞典、そして歳時記)。

 夏近し辞書に付箋の数多なる
 春惜しむ辞書の付箋のとりどりに

連休。越してきたばかりなので、遠出はせず、近所を出歩くだけでもまだ旅気分です…と、言い聞かせます。実際の所は、遠出する金が惜しいだけですが。引越代金などは会社で負担してもらえるものの、それでもこの数ヶ月そこそこ出費はあって。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

夏近し付箋の並ぶ歌語辞典

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

僕も一読して「付箋はみ出す」が気になったタチです。「並ぶ」くらいで良いと思います。
「付箋」「歌語辞典」「夏近し」という言葉の組み合わせは素敵です。春の間にたくさん詩を紡いできて、きっと夏もそうするのだろうというストーリーがクッキリ浮かびます。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「夏近し付箋はみ出す歌語事典」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
生と死にを表現したかったのは確かですね。
虫メインになりました。
めんどくさい私ですが、(笑)
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「夏近し付箋はみ出す歌語事典」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

・夏近してにをは短歌俳句辞典

これではさすがに感慨がわからないですね・・・付箋は残しますか・・・

・夏近し付箋の曲がる歌語事典

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏近し付箋はみ出す歌語事典」の批評

回答者 さび

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
ビスクドールの句、ありがとうございました。

御句、はみ出すがちょっと引っ掛かります。
はみ出す→飛び出す、増へ行く
など、いかがでしょうか?
付箋の色がカラフル、とすると複数ついていると読まれるのではないでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、さびさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏近し付箋はみ出す歌語事典」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。いつも添削ありがとうございます。家の目と鼻の先で映画撮影なんて初めての経験です。「季語」「・・・」「終わり」「けり」の形でまとめたかったのですが、報告になってしまいましたね。
 御句。僕も はみ出す は余計かなと。イサクさんの曲がる付箋の方がリアルですね。それにしても、げばげばさんはの俳句に対する努力の姿勢を垣間見る気がしました。僕も見習わなければ・・・ またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏近し付箋はみ出す歌語事典」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

もしかして、付箋かびっしりあって厚みもましたようなそんな辞典のことを言いたかった?

もしそうなら
夏近し付箋あふるる歌語辞典
とかかなぁ

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

田の落ち穂食む白鳥や冬を告ぐ

作者名 ささゆみ 回答数 : 1

投稿日時:

草を刈り残したくなる花野かな

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

七夕や金赤多き笹飾り

作者名 イサク 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏近し付箋はみ出す歌語事典』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ