俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

布団より出でてこたつに入りけり

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題でつなぐ反則気味の一句。
季重なりを突っ込むなら「なぜダメか」まで言及いただけると幸せです。

最新の添削

「布団より出でてこたつに入りけり」の批評

回答者 鳥越暁

イサク様、お久しぶりです。
拙句「縁側の」へのコメントありがとうございます。助詞は難しいですね。そこも面白いのですけれど(笑)
御句について
良いほっこりする句ですね。添削ではなく私ならばどう読むかなと
◆布団出て二度寝を誘ふ炬燵かな

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「布団より出でてこたつに入りけり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。イサク様、いつもお世話になってます。

拙句「水やりの頻度」にコメント有難うございました。確かに理屈に走った報告句でした。

御句拝読しました。面白い句だと思います!「寒い日の休みの日の過ごし方」みたいなものですね(笑)。

私も、これは季重なりとは言えないのではとわかる様になってきました。季重なりとは、季語が二つ以上あって互いに主張し、どちらが主役かわからず喧嘩してしまうために良くないと教わりました。
その点、御句では、「布団」はもう出てしまっているので季語としては力を失っていますね。
「布団出てラジオ体操イチニサン」
駄句ですが、これはラジオ体操が夏の季語で、もはや夏の俳句ですよね?布団出ていますし。

御句でもこたつが主役になり、「いつまでも寝てはいないよ!もう布団は出たの!もうこたつに入っているでしょ?起きてるよ!だから怒らないでよ…」という作者の言い訳?が聞こえてきそうです…(笑)。

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「布団より出でてこたつに入りけり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも的確なコメントありがとうございます。

御句。おもしろいわー、この兼題つなぎの句。布団が終わってこたつになったよと告げてるようで、冬の寒いうだうだな休みの日みたいな味わい出てますしー。
布団から出たんだから、こたつを主の季語にしてやるという感じもおもしろいですー。
紙懐炉捨てて火鉢にあたりけり
みたいに、捨てたんやから、火鉢でしょ!と。そういうイメージでしょうか?とここまで書きましたが、やはり季重なり?セーフ?

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「布団より出でてこたつに入りけり」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんにちは。拙句、目刺焼くにコメントありがとうございました。目刺に何を取り合わせたらいいか悩んでいたときに、部屋干しの洗濯物に気付いて匂いが移ったんじゃないかと思って嗅いでみましたが大丈夫でした。と言う訳で結果として狙ったように見えても仕方ないですね。今は取り合わせに手一杯で狙う余裕はありませんよ。(^^ゞ
さて御句ですが、布団から出て炬燵に入りました。という散文的な表現が気になりましたので、ちょっと手直しさせて頂きました。僕は布団がなぜ冬の季語なのか疑問に思っていますので季重なりは気になりませんでした。
・布団ぬけ出てもぐり込むこたつ哉

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「布団より出でてこたつに入りけり」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

うまいと思います。「教会出でて盆踊り」見たいな基本形を踏まえていますが、布団とこたつの類似性が、俳句の質を高めていると思います。これは季重ねとは言わないのでは。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「布団より出でてこたつに入りけり」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんこんばんは。
お世話になります。
拙句、「葉に触れて~」ですが、提案句気に入りました。

御句、即興で洒落てますね。「布団」から「こたつ」ですか…(笑)
私の生態からすると、
「布団から出でてこたつでまた眠る」
ですかね…(笑)
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「布団より出でてこたつに入りけり」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。拙句、留守番の~へ的確な御意見どうもありがとうございました。なるほどなあと深く感心いたしました。今迄とはまた違う学びが得られたような気がします。二種類出して見て正解でした。!(^^)!

点数: 0

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「布団より出でてこたつに入りけり」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

イサク様
私も同じ事をします。皆さんそうなのですね💦あと私は布団をたたんだのに、またいちいち敷き直してまた寝たりすることも有ります💦自分では変な行動をしているなあと頭では思っているのですが…。それから添削ありがとうございます。今日の俳句教室でも先生からご指摘が有りました。イサク様に手直しして頂き、季重なりでなくなり、良かったです。ありがとうございます。やはりレベルが高くて心配ですが、また、9月までの教室に引き継ぎ申し込みを致しました。ここでも、俳句教室でも、上達すると良いのですが…。頑張りたいと思います💦

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

フエラムネ鳴らして夏をほしいまゝ

作者名 げばげば 回答数 : 9

投稿日時:

節分や祖母のねだるは恵方巻き

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

老いの声聞こえし塀に真弓の実

作者名 中村あつこ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『布団より出でてこたつに入りけり』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ