俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

見晴らしのよき街路かな落葉焚

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

理屈っぽい句を傍題でひとつ

最新の添削

「見晴らしのよき街路かな落葉焚」の批評

回答者 よした 山月

イサクさんありがとうございます。

熱燗、燗酒をどう入れようかに頭がいってしまってました。
イメージから沸かした酒と。。。
確かにとびきり燗でも沸かしませんものね

冷めぬ酒
確かにですね。ひねりが足りなすぎでした。
ありがとうございます♪

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「見晴らしのよき街路かな落葉焚」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。イサク様、いつもお世話になってます。毎回ご提案有難うございます。

御句、いいですねー!私はこういう狙いは好きですよ。曲がり角でやったら危ないと、かねがね思っていました。
じっくり鑑賞させていただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「見晴らしのよき街路かな落葉焚」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます!

襟立て馳するの句コメントありがとうございます。馳するの動詞に説明感がありそうですね。跨線橋は実景なだけで、無理しなくてよかったです!ありがとうございます😆

御句、街路樹の葉っぱがなくなって見晴らしがよくなったということと、落葉焚が繋がっているので、理屈で繋がっているなあと思ったらコメントに狙いでしたね!光景きっちり見えてきます😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「見晴らしのよき街路かな落葉焚」の批評

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

イサク様。
いつも丁寧なアドバイスをありがとうございます。拙句「避難所の焚き火」にも提案句ありがとうございました。下五の字あまりを悩みつつ、諦めて投句してしまったので、こういう表現もあった、と大いに勉強させていただきました。
さて御句、落葉後の街路樹というと、寒い、寂しい、侘びしいイメージになりがちですが、「見晴らしのよき」で、風通しも良い、天気も良い、明るい情景が浮かび、下五で、ああ焚き火なんだ、と手際よく落ち葉を処理する複数の人の姿が見えてきます。
寒いけど爽やか、温かみも感じられて、とても好きな句です。

点数: 1

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

「見晴らしのよき街路かな落葉焚」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます。
私の場合、思いが先行しそれを表したい先に俳句が。。。
となっているように自分なりに思いたりました。
ここは大きな気づき!

ワンウェイよりも共感していただけた方が
もちろん嬉しい場合が多いですから
俳句におさまるように、もう一踏ん張りして楽しんでいけたらなと思いました。
独り言は別でできますものね(^ー^)

ご教授ありがとうございます♪

点数: 0

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「見晴らしのよき街路かな落葉焚」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

イサクさん即添削ありがとうございます。

なるほど、ひとつの動作にはなっていても
同じようなことを言葉を変えて言っているのはもったいないし、恐らくくどいのですね。

せっかくの皆さんの指摘やアドバイス活かしきりたいです!

点数: 0

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「見晴らしのよき街路かな落葉焚」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんばんは😊
拙句の「かな」は外せません、かね😇
下五を「焚火たく」とかすると、''自分がそうした''という景になって、少し''いやらしさ''がでてしまうので… 主語をぼやかしたいのです。

御句、中七の「かな」、新鮮に響きますね。
しかし、街中で焚火をするんですか…?
昭和時代なら…ですが、新鮮に思えました。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「見晴らしのよき街路かな落葉焚」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます!

あー、ほんとですねー。冬ざれの速度ともとれる位置ですね。気づかずでしたー😆
スピード落とす冬ざれの列車かな
こちらの句意でした!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「見晴らしのよき街路かな落葉焚」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

イサクさん、おはようございます。
掛け詞、知りませんでした。また、俳句では使わないものなのですね。

どうも感じたことを表そうとしていることが
リアルのことを優先して言葉にしてしまうようです。

当然、他のかたにわかるわけはないのですが
森の奥でのキャンプで、ただの夜ではなく

真っ暗闇のなかに焚き火があり、その対比の様から華と歌いたかったこともあり
と言ったところでした。

ただそれが伝わなければ作句の意味がありませんでした。
もっともっと悩み、作句したいと思います。
いつもありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「見晴らしのよき街路かな落葉焚」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

イサクさんありがとうございます!
余計なお世話だなんて、とんでもないことでございます。
私の説明の言葉間違っておりました。

感じたことをストレートに変化させず伝えたがりだとの自覚です💧
物事を感じ、出てきた言葉に思い入れが強いようです。
それをうまく使いこなせるようになればベストだと思うのですが、当然まだまだ。。。

とにかく、毎回のことですが
懇切丁寧に、指摘、説明、お考えや感想、
ご親切にありがとうございます。

手前勝手にイサクコースを受講させていただいている思いです♪

点数: 0

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

三角の花壇の残る四葩坂

作者名 松健四歩 回答数 : 1

投稿日時:

下萌や雲影走る山の裾

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

山肌の薄紅おびて山笑ふ

作者名 ささゆみ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『見晴らしのよき街路かな落葉焚』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ