俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

こんもりと燃ゆるが如き躑躅かな

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日は👋😃吟行して詠んだ句です。矢板の長峰公園のつつじを見て詠みました🎵

最新の添削

「こんもりと燃ゆるが如き躑躅かな」の批評

回答者 腹井壮

かぬまっこさん、こんばんわ。いつも御世話になります。私も今月吟行があるのですがコーディネートを安請負をしたが為句会を辞められずにいます。さて、「こんもり」とは上手い表現ですね。ですが、やや音数の調整に苦しんだ跡も見えたのは気のせいでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水鳥や明けゆく森は風の中

作者名 竜子 回答数 : 7

投稿日時:

丸の内一段下がる日傘かな

作者名 しゅうこう 回答数 : 4

投稿日時:

七夕やタブレット持つちいさな手

作者名 佐渡 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『こんもりと燃ゆるが如き躑躅かな』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ