俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

縄跳びの弧にまつさらな秋の色

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

姪っ子たちと遊んだ休日。久々の縄跳び。裏山やら田んぼの秋。いつも見てる景色に改めて気づく。

縄跳びに切り取られた風景はわりとあるある?まつさらなはいかがかな。助詞「に」も気になりつつ。うまく詠めてない気もする。
みなさんご意見をよろしくお願いします。

最新の添削

「縄跳びの弧にまつさらな秋の色」の批評

回答者 長谷機械児

げばげばさん、「劇場」句の感想ありがとうございます。

御句について。

・「縄跳びの弧」が風景を切り取るというのは“わりとあるある”というよりは、“わりと突飛”に感じました。縄跳びしている当人は縄なんて見ていませんし、傍目にも縄が見えているかどうか(複数人の大縄跳びだったら見ることもあるか? それでも、頭上より足元を見てそうな…)。縄跳びの写真(静止画)をじっと見ていればそんなふうに見えることもあるのかなあ、くらいに受け取りました。
・「まつさらな」は私には解らない言葉でした。「秋の色」は、グラデーションのようにだんだん秋めいた景色になってくる、という捉え方のものと思っているので、これを形容する「まつさら」とは…?

負乗さんの「秋の空」への置き換えに一票です。

今後ともよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「縄跳びの弧にまつさらな秋の色」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「弧に」に説明感を感じました。
「まつさらな」を季語の「色」にかけていくのは、若干、狙いすぎ感を感じました。
他は綺麗でいいですね。
縄跳びの切り取る風景、ありがちでしょうか?ちょっとわかりません。

提案句はコメントから措辞を拝借・・・そのまんまです。

・縄跳びに切り取られたる秋の色

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「縄跳びの弧にまつさらな秋の色」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

すごーい!きれいな句ですね!
子どもが跳んでいる縄跳びの弧に切り取られた秋。縄跳びのフレームの中に秋がクローズアップされたようなかんじですね。
いいなあその発想。
「まっさらな」よりコメントにある「切り取られた」を使ったらもっと分かりやすく伝わるかなと思いました。
でも好きですこの句。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「縄跳びの弧にまつさらな秋の色」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
拙句「ギフトカタログ」ご評価ご添削有難うございました。確かにおっしゃる通りで、いくばくかの疑問を抱えながら投句しましたが、やはりそうですかという感じでした。

御句、縄跳びで遊ぶ子供さんと秋の紅葉をうまく取り合わせた、げばさんならではのいい句ですね。
道場ですので感想を申し上げますと、「弧」ですが、おっしゃることはよくわかりますし、光景も浮かぶのですが、ちょっと固い感じがしますのと、縄跳びであれば縄がそのような形状になるのは自然ですので、ここは入れなくてもいいかと。
また、「まっさらな」ですが、これはちょっと意味が捉えにくかったです。句意から「真っ白な」とは関係なさそうですし、どこかに反対の「古臭い」ものがあるかというと、そうではないと思いましたので。
私が単によくわかっていないだけかもしれませんが、私の提案句を置かせていただきます。

・縄跳びの縄の中にも秋の色

壮大な秋の色の中で遊んでいる子ども。その縄跳びの小さな輪の中にもしっかりと秋の景色が切り取られていることよ、という感じです。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「縄跳びの弧にまつさらな秋の色」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

実は「縄飛び」で冬の季語だったりします。
ただ個人的に、現代の我々の感覚で季節感を見出すのが難しいもの(ブランコ、縄飛び、相撲、その他色々…)は、あまり煩く季重なりを指摘する事も無いかなとも思います。
ただ知らずに詠むのと分かった上で詠むのは違いますので、そこだけご注意下さい。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「縄跳びの弧にまつさらな秋の色」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

げばげはさん、こんにちは😃
拙句「もう金は〜」のコメントありがとうございます。
星、星月夜、と重ねたのは「星を欲し」を掛けたつもりでしたが、ちょっとヘンでしたね。
添削
「金はもう数へず秋の星数ふ」
気に入りました。こっちが素直ですね。

御句ですが、
景がすぐに浮かんで、清々しい句ですね。類型句はたくさんあるでしょうが、こうして一句、目にするとやはり良いですね。
気になったのは「秋の色」ですかね。「秋の色」と来ると、"身に入む"感じがしますかね… 紅葉や落葉をイメージします。
ここはシンプルに「秋の空」の方がいいかと。
「縄跳びの弧にまつさらな秋の空」

また、よろしくお願いします😉

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

縄跳びのおつむの上に秋の色

回答者 紀州鰹節

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、ベロ藍に句にコメントありがとう御座います。
やはり解釈が難し過ぎました。参考になりました。
弧にまっさらなの中七が気になります。少し手直ししてみましたがどうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、紀州鰹節さんの俳句の感想を書いてください >>

「縄跳びの弧にまつさらな秋の色」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
 拙句「手術中」にご指導ありがとうございます。
 幸い術後の経過は順調で、ほっとしてます。待ってる間、祈りながらも、この状況をなんとか残そうと思ってましたよ。笑えますね。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

縄跳びのおつむの上に秋の色

回答者 紀州鰹節

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、ベロ藍に句にコメントありがとう御座います。
やはり解釈が難し過ぎました。参考になりました。
弧にまっさらなの中七が気になります。少し手直ししてみましたがどうでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、紀州鰹節さんの俳句の感想を書いてください >>

縄跳びのおつむの上に秋の色

回答者 紀州鰹節

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、ベロ藍に句にコメントありがとう御座います。
やはり解釈が難し過ぎました。参考になりました。
弧にまっさらなの中七が気になります。少し手直ししてみましたがどうでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、紀州鰹節さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

うつかりと太宰府参り神無月

作者名 大江深夜 回答数 : 5

投稿日時:

野良猫のしらじらと寄る霜の朝

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 5

投稿日時:

子供らに言えぬ心配帰省かな

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『縄跳びの弧にまつさらな秋の色』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ