俳句添削道場(投句と批評)

そうりさんの添削最新の投稿順の2ページ目

「熱燗や呑むを寒さのせいにして」の批評

回答者 そうり

添削した俳句: 熱燗や呑むを寒さのせいにして

秋沙美 洋さま
お久しぶりです。「俳ポ、生活」でご活躍拝見しています。拙句「雛あられ」の句、ご鑑賞ありがとうございます。句意は「イサク様」の句評に掲載していますので省略させていただきます。御句、、、力を抜いた日常の一句と存じます。(類想は多そうです)中七、下五にオリジナリリテイーを入れ込めば完成の一句ですね。

点数: 0

「梅開く狭庭の景の整いし」の批評

回答者 そうり

添削した俳句: 梅開く狭庭の景の整いし

洋子さま
初めまして。御句、、、景がすぐ立ちました。整っている完成の一句と存じます。個人的には、下五に、なぜ、梅が開いて整ったと感じたのかを詠まれたら、オリジナリティー、リアリティーがでるかと、、、と思いました。

点数: 0

「村を出る友よ地獄の釜の蓋」の批評

回答者 そうり

添削した俳句: 村を出る友よ地獄の釜の蓋

イサク様
お久しぶりです。「俳ポ、生活」でご活躍ぶり拝見させていただいています。
「雛あられ」の句の句評、添削ありがとうございます。推敲の参考にさせて頂きます。拙句、、雛あられの「軽さ」を類想なく、どのように表現しようか迷った句です。元句は「雛あられ笑ふ声よりなほ軽く」でしたが、説明っぽいので掲載句になりました。
御句、、、取り合わせが絶妙で、想像を膨らませる佳句と存じます。「友や」と切れを入れてみるのは有りでせうか?
(追伸)私は昨年10月発足の夏井先生の「お家de俳句クラブ」に入会しています。夏井先生に選句していただけるので勉強になります。ご参考までに。

点数: 1

「杖を手にとんびシャッポの婦人をり」の批評

回答者 そうり

添削した俳句: 杖を手にとんびシャッポの婦人をり

イサク様
こんにちわ。上五、、、「杖を手に」は説明?夏井先生曰く、、、手にしない杖があったら、、、、、。
ステッキにとんびシャッポの婦人をり、、、としてみましたが、、、。

点数: 1

「寒雀我の嘘吐き舌は何処」の批評

回答者 そうり

添削した俳句: 寒雀我の嘘吐き舌は何処

根津C太さま
宜しくお願いします。私なりに解釈し、助詞を変えてみました。
「寒雀我へ嘘吐き舌の何故」、、、句意は想像にお任せします。推敲のヒントになれば、、、、。

点数: 0

そうりさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

子の笑う声より軽く雛あられ

回答数 : 5

投稿日時:

手袋で受け取る部屋のカードキー

回答数 : 7

投稿日時:

参拝の願ひに太る氷柱かな

回答数 : 6

投稿日時:

雪女無人駅より乗車せり

回答数 : 6

投稿日時:

寒椿地に落ちてなほ呼吸せり

回答数 : 8

投稿日時:

そうりさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

風さやか桜の蕾固からず

作者名 しらさぎ 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

黄田に禅林を彫る余寒かな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

夕焼けを背に赤色のエレジーか

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ