俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寄せ鍋で世間の寒さ吹き飛ばし

作者 会田美嗣  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

仲間同士で鍋をつつきあって世知辛い世の中、つまり、世間の寒さを詠んだ。

最新の添削

寄せ鍋で世間の寒さ吹き飛ばしの批評

回答者 三日酔いの防人

会田様、こんばんは。寒い日の寄せ鍋は格別ですね。この句はご友人と鍋をつつきあいながら愚痴でも語り合っている様子が浮かびました。
まず、寄せ鍋と寒さで季重なりになる可能性があります。世間の寒さとは何か、ここがポイントですね。愚痴であれば素直に愚痴という単語を入れるのも手ですよ。
一句失礼します。
鍋つつき語り友なる一字かな
今年の一字はお前のことだよなんて感じの句にしました。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

迷ひなく目にも肌にも秋来たる

作者名 ケント 回答数 : 10

投稿日時:

玻璃ごしの母の涙に薄暑光

作者名 おかえさき 回答数 : 18

投稿日時:

万緑や鯉背びれたつ神田川

作者名 Giorgio 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寄せ鍋で世間の寒さ吹き飛ばし』 作者: 会田美嗣
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ