俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

子の笑う声より軽く雛あられ

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

久々の投句、、、。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

子の笑う声ほど軽く雛あられ

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。お帰りなさいませ。

御句拝読しました。
このままですと「子の笑い声は雛あられよりも軽くない(重い)」と言ってしまっているので、ちょっと例え方を変えてみてはどうでしょう?と思います。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「子の笑う声より軽く雛あられ」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

そうりさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

雛あられと子どもの笑い声を例えるのは良いと思います。
気になった点はイサクさんと全く同じで添削案も一字一句重なってしまいました。ので、僕からとやかく言うのは遠慮します。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「子の笑う声より軽く雛あられ」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

そうり様、はじめまして😊 
拙句「河津土手〜」へのご批評ありがとうございました。「飲まない茶があったら持ってこい…」まったくそのとおりですね😅 下五の字余りにも気が付きませんでした。
自分のなかで情景ははっきりしていても、的確な季語をもって句をまとめるのは難しいですね。
さて、御句ですが、"雛あられ"というのは私なんぞあまり馴染みがなくて、想像するしかないのですが、他の方も指摘しているように、子の軽やかな笑いとの比較が面白いと思います。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「子の笑う声より軽く雛あられ」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

そうり様
よろしくお願いいたします。

「冴返り」へのコメントありがとうございます。そしておかえりなさいの言葉、素直に嬉しく思いました。
夜の秒針で気づいていることはわかる…。確かに。まだ読み手の力を読み切れない自分を感じました。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

早春やわからない事話してる

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

辞令出て隣りの芝の青さかな

作者名 なおじい 回答数 : 1

投稿日時:

花ちょうじ首里城瓦の片ひとつ

作者名 南風の記憶 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『子の笑う声より軽く雛あられ』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ