俳句添削道場(投句と批評)

つちや郷里さんの添削最新の投稿順の91ページ目

「夏すずし市長が吠える恥を知れ」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 夏すずし市長が吠える恥を知れ

鳥田政宗さんこんにちは。

安芸高田市の石丸市長ですね。
物怖じせずはっきりと発言できる若い政治家がもっといてくれれば。

御句ですが、まず「涼し」自体が夏の季語なので「夏」と書くべきなのか気になりました。
そういう使い方もありましたら申し訳ありません。
どちらにしても、12音の強いフレーズと「涼し」という季語が合っているかは微妙な感じがします。
内容も、この語順だと吠える市長に対して「恥を知れ」と言っているように感じます。

『恥を知れと市長が吠える薄暑かな』
涼しいという情報に加えてこれから暑くなっていくということを表す「薄暑」にしてみました。
若くて優秀な政治家が現れたことにより、これからの日本が熱くなっていくということも示唆しました。
上五字余りですが、この語順と書き方なら市長が「恥を知れ」と吠えているということが分かりやすくなったと思います。
もっと期待を込めたいなら、季節がややズレますが「夏来る」でもいいかもしれません。

点数: 0

「くやし泣く肩に父の手耳に滝」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: くやし泣く肩に父の手耳に滝

芽笑さんはじめまして。

【良いところ】
父の温かさと滝の冷たさの対比ができているところが良いです。

【改善点】
「耳に滝」の意味がわかりませんでした。
滝の音なら「滝の音」と書くべきです。
「くやし泣く」も日本語としてどうかと思いますが、わかればいいのかな。

素材が多いですし、内容も重たいので短歌や詩にするか、俳句にするなら2句にわけるという風にした方がいいと思います。
プレバトで夏井先生がよく言われますが、十七音の器に収めることが大事です。

点数: 1

「夕暮れと妹の声笑み溢れ」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 夕暮れと妹の声笑み溢れ

江上杏奈さんはじめまして。
つちやと申します。

御句
時間と人物の様子が描写できていると思います。

・まず気になったのが季語ですが、「夕暮れ」って季語かどうかですが、私の調べた限り、歳時記には載っていませんでした。
・「と」という助詞の使い方も気になります。
・「溢れる」は「あふれる」と「こぼれる」という読み方があり、ニュアンスが異なります。
おそらく妹は子供だと思うので、ひらがなで書いた方が優しい印象になると思います。
・「笑み」は、誰が笑っているのかがわかりません。
妹が笑っているのか、妹の声に作者が笑っているのか、第三者が笑っているのか。
・全体的に見ると「夕暮れ」「妹」「声」「笑み」「溢れ」と素材が多すぎるので、状況を描写するところを意識して作った方がいいと思います。

『夕焼けの空に妹笑まひけり』
夏の季語である「夕焼け」にしました。
夕焼け空を見た妹が「綺麗だね」なんて言って微笑んでいるという状況を描写しました。

コメントにどういう思いで句を詠んだのかを書いてくれると添削がしやすいので、次回からお願いします。

点数: 0

「ポツポツと来ても変はらぬ溽暑かな」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: ポツポツと来ても変はらぬ溽暑かな

ちゃあきさんこんにちは。

御句
「ポツポツと来ても」という部分がわかりづらいです。
「ポツポツ」が何を意味するオノマトペなのか、どこへ来たのか。

『ふるさとに来ても変はらぬ溽暑かな』
『みちのくに来ても変はらぬ溽暑かな』
『北国に来ても変はらぬ溽暑かな』

点数: 1

「鬼太鼓や荒海に舞う稲雀」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 鬼太鼓や荒海に舞う稲雀

砂山清吾さんはじめまして。
つちやと申します。

カッコいい句ですね。
たーとるQさんのおっしゃるとおり、地域性の強い言葉を使うのはやや難易度が高いですが、味が出ますし、場所も限定できるので良いと思います。

懸念点は季語ですね。
さきほど難易度が高いと言ったのは、地域性の強い言葉はそれだけパワーもあり、季語を主役に立てるのが難しくなります。
さらにコメントを拝読しますと、季語を比喩として使っているので季語の成分が薄くなります。
この句は「鬼太鼓」「荒海」「舞う」「稲雀」と素材が多いですし、前半2つの言葉がパワーのある言葉なのでバランスがとりにくいです。
いっそパワーのある季語を使ってバランスを整えましょう。
たーとるQさんの案を拝借して

『炎帝に踊り狂える鬼太鼓』

夏の太陽を司る神である「炎帝」という季語を使って儀式感を出しました。
「舞う」だと落ち着いた印象が出てしまうので、率直に「踊り狂う」と表現しました。

ですが最初からこんな句が詠めるなら、大したもんです。
これからも俳句作り、投句がんばってください。
楽しみにしております。

点数: 1

つちや郷里さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

ご立派な蜘蛛の巣軽く引きちぎる

回答数 : 8

投稿日時:

交差する飛行機雲や夏の夕

回答数 : 8

投稿日時:

梔子や遺書なく死せし祖父の部屋

回答数 : 7

投稿日時:

夏浅し手帖は駄句で埋まりけり

回答数 : 5

投稿日時:

猫の背にハートの柄や初夏の風

回答数 : 8

投稿日時:

つちや郷里さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

亥の刻の蟀谷の蚊の五月蠅きよ

作者名 イサク 回答数 : 8

投稿日時:

轟轟と陽炎の立しアスファルト

作者名 ぼしゅん 回答数 : 7

投稿日時:

十日には十人ほどへ寒見舞ひ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ