俳句添削道場(投句と批評)

めとみみさんの添削最新の投稿順の2ページ目

ストローのげぢげぢに水春まぢか

回答者 めとみみ

添削した俳句: ストローのげぢげぢへ水春まぢか

拙句へ添削ありがとうございます。真面目にやりだしたのは去年の11月頃からです。一昨年の8月頃にプレバトを数回みて2・3句作ってはみたものの、そもそもネット配信のアニメやバラエティーぐらいしか見ない生活で、1年近く経ってしまいました。

去年の11月頃からTVerにてプレバトがやっているのを見つけて、その頃からちゃんと学ぼうと思ったところです。1月に入り、毎日一句詠むようにしております。

三倍数の句は助詞の例の添削ありがとうございました。こちらは俳句を学ぶ上で挑戦しているものなので勉強になります。

また、東国原英夫さんの句は知りもしなかったので驚いたところです(苦笑)。スマホを片手に句を詠もうとすると、発想は似るところがありそうですね。

さて、素人の感覚ですが「げぢげぢ」という音が愉快で好きでした。皆さんの添削例に感銘する一方、やっぱり音が好きなのでそのままで楽しみたいかなと。

助詞の「へ」は的確だと思うのですが、

私はあえて誤読を更に誘発する方がより愉快な気がして、「へ」の持つ他動的な意味合いを、「に」として現在進行形的な意味合いにしそうだと感じました。

・喫茶店に紛れ込んでいる毛虫に水をかけようとしている悪ガキ
・喫茶店でストローの袋に水をたらしてニョロニョロ動かしている

にしても「げぢげぢ」の音は愉快ですね。

点数: 1

雑草の砦の穴と寒雀

回答者 めとみみ

添削した俳句: 雑草の砦の枯れて寒雀

先ほどはアドバイスありがとうございました(まさか先句があるとは思いもしませんでした…苦笑)。

さて、

枯れるが気になったのですが、考慮済みでしょうけど、簡単に穴として、その欠けた部分と雀とを対比してみました。

雑草の砦という表現はすごいと感心いたしました。

点数: 1

めとみみさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

祖母宅の塀からはすぐ夏の海

回答数 : 4

投稿日時:

箱枕眠れぬ春と母の顔

回答数 : 3

投稿日時:

母麦粉足すアイスクリーム不味し

回答数 : 4

投稿日時:

三つぞろ目の三倍数や菊膾

回答数 : 4

投稿日時:

オーケーグーグル花見場所検索

回答数 : 3

投稿日時:

その他の添削依頼

秋の夜星座覚えしスマホにて

作者名 中村あつこ 回答数 : 0

投稿日時:

グリコとかチヨコレイトや町は春

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

秋風やインナーカラーの君の髪

作者名 いくたドロップ 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ