俳句添削道場(投句と批評)

よした 山月さんの添削投稿の古い順に並んでいます

「霧の朝北国はまだ闇の中」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 霧の朝北国はまだ闇の中

初めまして、ド初心者の私の句を添削、ご説明くださり、ありがとうございます。

私は雪国出身なので句がそのまま、頭の中に浮かび郷愁感を誘われました。

点数: 1

「醤油派の肩身狭きや芋煮会」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 醤油派の肩身狭きや芋煮会

初めまして、ド初心者の私の句を添削、ご説明くださり、ありがとうございます。

句を拝見したとき、何だか気持ちがわかるような気がしてクスッと笑ってしまいました。
味の好みは人により、様々ですものね。

点数: 0

「醤油派の肩身狭きや芋煮会」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 醤油派の肩身狭きや芋煮会

初めまして、ド初心者の私の句を添削、ご説明くださり、ありがとうございます。

この句を拝見したとき、何だか気持ちがわかるような気がして
クスッと笑い、ほんわかしました。
味の好みは人それぞれですものね。

点数: 1

「お点前の塵打ちのおと今朝の冬」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: お点前の塵打ちのおと今朝の冬

初めまして、ド初心者の私の句を添削、ご説明くださり、ありがとうございます。

お茶のことはまったく不調法ですが
句を拝見し、格調高く、いつか私もこんな句をつくれるようになるのかなと思いました。

点数: 1

「一枡は猫の出入りや白障子」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 一枡は猫の出入りや白障子

初めまして、ド初心者の私の句にアドバイスをくださり、ありがとうございます。

点数: 0

よした 山月さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

おちこちに音なき音の霜夜かな

回答数 : 9

投稿日時:

雪どけや泣きたゆたえど沈まぬ夜

回答数 : 4

投稿日時:

仰向けに詠むひとときや炬燵亀

回答数 : 4

投稿日時:

ゆっくりと眠れや友よ寒牡丹

回答数 : 3

投稿日時:

節分や豆散らかして鬼気迫る

回答数 : 4

投稿日時:

よした 山月さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

伊良湖より海路静かな伊勢参り

作者名 卯筒 回答数 : 4

投稿日時:

俳諧のいろはをはじむひゃくじつこう

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

渡米せむ郷の落花を見届けて

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ