俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

霧の朝北国はまだ闇の中

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。いつも拙句にコメント有難うございます。
本句は、最近は山以外では霧に遭遇していないので、海外駐在の経験から詠みました。北の方の国でしたので、秋から翌春までは出勤時刻になっても真っ暗。そこに慣れない霧など出た日には、相当の覚悟で出かけました。

最新の添削

「霧の朝北国はまだ闇の中」の批評

回答者 オルカ

なおじい様
初めまして、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
私の「鹿さん」の句について添削どうもありがとうございました。
トマムに雲海を見に行った際に1日目は雲海テラスで雲海を見て、2日目は早朝の霧の中ランニングをしていた際にホテル敷地内にもかかわらず大きな雄鹿に遭遇しました事を伝えたかった句でしたが、同時に10月上旬にもかかわらず霜柱ができていて感動したので、両方を伝えたかった欲張りな句でした(笑)
3つ目の句を拝読しまさに思ったことが言える句でしたので大変嬉しく思いました。どうもありがとうございます。
まだ俳句に興味を持って4ヶ月目ですがこれからも勉強させていただきたく存じますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。(どうしても御礼をお伝えしたくて(^-^)
こちらの句、(東京から転勤でただいま札幌におります)、共感いたしました♡

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、オルカさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「霧の朝北国はまだ闇の中」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「朝だから」「北国だから」⇒「まだ暗い」という理屈が目立っています。
理屈っぽさをなくすために「北国は」をはずしたいところですが、例えば「まだ」だけでも省略すれば、理屈は減ると思います。

・この地には日の射さぬもの霧の朝
・北国は闇の中なり霧の朝

なおじい様の体験の幅広さはうらやましいですね。
作句に限らずですが、作句にも武器になっていると思います。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「霧の朝北国はまだ闇の中」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

最終バスの句コメントありがとうございます。さすが、山といえばなおじいさん。これは早朝のバス停の句です。夕方の句ではありません。四時半で最終かあと時刻表見てるシーンでした。
ただ、ちゃんと四時半の夕霧を詠む方が誤読を避けられそうです!

御句、北国は北海道くらいで読んでましたが、海外赴任にときでしたかあ。豊富な経験がいきてますね😆イサクさんが、おっしゃる通り、朝は北国だから闇という流れは少し気になりますが、そのままでもいけそうなラインのようにも感じます😆

北国は真つ暗闇ぞ霧の朝

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

朝霧や北国はまだ闇の中

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

情景は分かりますのでこのままでもいいと思いますが、季語は傍題に近い季語がある時にはそれを使った方がよいと言われていますので、朝霧を使ったのが掲句です。
なお、コメントを読みますとむしろ出勤する時の心の動きの方に「感動」がありそうなので、
出勤す闇に流るる霧の中
とも詠めそうですね。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「霧の朝北国はまだ闇の中」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 おはようございます。
 いつもありがとうございます。
拙句「白菜」の鉢巻を見たのは、確かに家庭菜園でした。一日に一句と直ぐに投稿するのがダメなんです。推敲ですね。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「霧の朝北国はまだ闇の中」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

初めまして、ド初心者の私の句を添削、ご説明くださり、ありがとうございます。

私は雪国出身なので句がそのまま、頭の中に浮かび郷愁感を誘われました。

点数: 1

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「霧の朝北国はまだ闇の中」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
我が家は、二人暮らしですが、まだなんとか頑張ってます。
転ばないように、認知症は軽く抑えようと頑張ってます。
拙句「茸鍋」「オンライン」にご指導ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「霧の朝北国はまだ闇の中」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
我が家は、二人暮らしですが、まだなんとか頑張ってます。
転ばないように、認知症は軽く抑えようと頑張ってます。
拙句「茸鍋」「オンライン」にご指導ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

人まばら馬篭の宿の遅ざくら

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

夏めくやひとつの区切り二千段

作者名 なおじい 回答数 : 32

投稿日時:

赤貝や打ちてぴしゃりと緋が冴える

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『霧の朝北国はまだ闇の中』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ