俳句添削道場(投句と批評)

中村あつこさんの添削最新の投稿順の91ページ目

「醤油派の肩身狭きや芋煮会」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 醤油派の肩身狭きや芋煮会

 こんにちは。
いつもご指導ありがとうごさいます。本気を出しても、先が短いですけど真面目に学ぶつもりですのて、宜しくお願いいたします。
 今日は「彩り」はそういう意味だと知りました。

点数: 0

「宵寒やパスの続ける七並べ」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 宵寒やパスの続ける七並べ

 こんにちは。
いつも、ご指導ありがとうございます。
 「勝手口」が「背戸口」となると、格好良くなりますね。
玄関じゃなく台所口をどう表したらいいのか?昔の歌に木戸を開けてとあったけどそれでも無いしと、仕方がない感じでした。
 小菊も本当は溢れる程でしたが、少しの方が品がいいですね。

点数: 1

「醤油派の肩身狭きや芋煮会」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 醤油派の肩身狭きや芋煮会

 こんにちは。
拙句「小菊」に的確なご指導を頂きありがとうございます。
 確かに、過程とか思いを伝えたい感があります。ただ見たままを詠んで、どう感じてもらえるかなんですよね。
 宜しくお願いしますいたします。

点数: 0

「何事もなき日松茸焼きて食ふ」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 何事もなき日松茸焼きて食ふ

 こんにちは。
拙句「小菊」に、ご丁寧でわかり易いご指導をありがとうございます。
 動詞は二つ使わないように、の言葉も失念してしまってました。
 ご添削の御句では小菊が引き立ちますね。

点数: 1

「校庭のタイヤ跨ぎて暮るる秋」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 校庭のタイヤ跨ぎて暮るる秋

こんにちは。
拙句「小菊」に添削頂きありがとうごさいます。
菊は咲くものといわれて、納得しました。
日々咲くのを待っていて、それっ一番にお義母さんへの気持が強すぎました。

点数: 1

中村あつこさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

紫陽花の空き家守りて三年かな

回答数 : 10

投稿日時:

双子座に眼をこらす人着膨れて

回答数 : 3

投稿日時:

秋時雨再放送の時代劇

回答数 : 4

投稿日時:

リハビリへ一歩の朝や金木犀

回答数 : 4

投稿日時:

蜩やお隣さんは施設へと

回答数 : 6

投稿日時:

中村あつこさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

信濃路や湯気にとけいる秋の雨

作者名 イチロウ 回答数 : 1

投稿日時:

COVの春六施はならず言ばかり

作者名 せきじゅん 回答数 : 2

投稿日時:

サビシサのかぞえきれなひ星月夜

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ