俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

残暑見舞いポストで一汗かきたるや

作者 岸本義仁  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先日、残暑見舞いが届いた。
気がつかず、ハガキは一汗をかいただろう。

最新の添削

「残暑見舞いポストで一汗かきたるや」の批評

回答者 ケント

おはようございます。
句作に苦慮していると仰っておりましたが、因みに歳時記はお読みになられてますか?
掲句、季語残暑(秋)、季語汗(夏)と季重なりになっています。
迷いのある時は、基本に戻り歳時記に親しみながら、句作も、俳句には基本の型が幾つかありますので、その型に忠実に徹底して、まずは詠まれた方が上達の近道だと思われます。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

昼間とは言語が違うホトトギス

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

陽炎やあつちへ行つてはいけません

作者名 長谷機械児 回答数 : 6

投稿日時:

当たり屋のごと蝿はらう手の虚し

作者名 幸福来々 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『残暑見舞いポストで一汗かきたるや』 作者: 岸本義仁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ