俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削最新の投稿順の7ページ目

「鳥の見しけふは一輪花見かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 鳥の見しけふは一輪花見かな

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。みなさんの意見に近いですね。
かな、につなげていくために、連体形にした上五がニュアンスとしてぷつりと切れた感じには受けます。

鳥止まる枝一輪の花見かな

あらちゃんさんの提案が好きです。

鳥が見る、花見、どちらにも見るがあるのですが、主体がかわりますか?または鳥が花見してる景でしょうか?

鳥追うて枝一輪の花見かな

主体を人間に揃えたわたしのも添えておきます。上五軽い切れがありますが、かな、にうまく響いていくでしょうか。

点数: 1

「鳥の見しけふは一輪花見かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 鳥の見しけふは一輪花見かな

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。みなさんの意見に近いですね。
かな、につなげていくために、連体形にした上五がニュアンスとしてぷつりと切れた感じには受けます。

鳥止まる枝一輪の花見かな

あらちゃんさんの提案が好きです。

鳥が見る、花見、どちらにも見るがあるのですが、主体がかわりますか?または鳥が花見してる景でしょうか?

鳥追うて枝一輪の花見かな

主体を人間に揃えたわたしのも添えておきます。上五軽い切れがありますが、かな、にうまく響いていくでしょうか。

点数: 1

「雨の卒検ハンドルの手は震え」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 雨の卒検ハンドルの手は震え

なるほど、AI。わたしも仕事でたくさん使っていますが、俳句で使う発想を今まで持ってなかったです。共存なのでしょうかね😆

あと、みつかづさん、私の俳句はじめたてのころの句にコメントされるので、昔の句が散々たる感じを思い出して恥ずかしいです笑笑

点数: 0

「西よりの風に乗りたる黄砂かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 西よりの風に乗りたる黄砂かな

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、黄砂がきてますね。つらい。
上五が、風の説明になって、天気予報的事実を伝えているのがもったいないです。上五をずらして、何か詩情を載せていくというのも手です。
たとえばオノマトペ。存在するオノマトペもありますし、
がうがうと風に乗りたる黄砂かな

自分の感覚でオノマトペを生み出すのもひとつです。

ぜりぜりと風に乗りたる黄砂かな

または、感情語を排除する俳句の中で、感情をあえて乗せて、虚の真実に寄せるのもひとつです。これは客観描写としてそのままが良しという伝統系の先生の考え方もあるので、なんとも言えないですが。

かなしみの風に乗り来る黄砂かな
さびしげに風うなりたる黄砂かな
黄砂乗せくる朝風のぶあいさう

今は風と黄砂なので、要素を出してドラマに展開するのも一つです。

ふるさとの風に乗りたる黄砂かな
失職の風に乗りくる黄砂かな
喪の明けて風に乗りくる黄砂かな

すいません、実景をみていないので、改作の要素があります🙇‍♂️ご自分のベストの上五をいろいろ試してみて、推敲していく過程で、何かを掴む瞬間があるかもしれません。
それこそ句作のたのしい瞬間です!

点数: 2

「能面の裏に張り付く余寒かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 能面の裏に張り付く余寒かな

こんにちは。
いつも勉強させていだいています!

御句。好きな句ですね!余寒と能面もひびきますね。張り付くという動詞も寒と響き合うように思います。
掲載句との差は予定調和の範疇の話だと感じました。能面と余寒はひとつひとつ調和がとれていて共感に叶う句!逆にいうと予定調和の中にいる句。これはできている句という意味で良い意味でもありますが、感じさんだからできた脱け出た句としては、掲載句におもしろみを感じます。投句先によったら能面がとられると思いますよ!
脱けようと意識すると突飛な句になりすぎるし、匙加減難しいですよねー。

点数: 1

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲に手の甲と書く春夜かな

回答数 : 32

投稿日時:

掃き清められし境内露涼し

回答数 : 3

投稿日時:

陽だまりのにほひのごとき猫よ夏

回答数 : 7

投稿日時:

小刻みにひげの知らせか雨休み

回答数 : 5

投稿日時:

送り梅雨早足に視聴覚室

回答数 : 4

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

常連のツバメ来し純喫茶たたむ

作者名 小西晴菜 回答数 : 4

投稿日時:

熱風に乗る紙切れや籤の影

作者名 胡 秋興 回答数 : 0

投稿日時:

病床で海闊天空願う夏

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ