俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

温室のあるガレージや春時雨

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ガレージの屋根の上に温室のある家がありました。雨の帰り道(句材を求め、いつもと違う道を通ってみました)のことです。「屋根の上」は省いてしまったのですが、ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「温室のあるガレージや春時雨」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。再訪です。
ちゃあきさん、ごめんなさい、場所をお借りします。

さびさんへ、

これをご覧になっていましたら、と思い連絡します。
精力的に皆さんの句にコメントをなさっておられますが、さびさんのご投句がありませんので、コメントへのお礼ができません。一方通行になっています。
自作を投句せずにはコメントしてはいけないという決まりなどはありませんが、このサイトの良さは「やりとり」が出来ることです。そこから色々な展開が生まれると思います。
ぜひその窓口としてのご投句をお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「温室のあるガレージや春時雨」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

基本形ですね。形はできています。
説明の「ある」の是非はあると思います。
・ガレージの屋根の温室春時雨
でもよいかも。

そして、温室&ガレージと「春時雨」を、どう響き合わせましょうかね・・・
状況説明せずに「温室」と「春時雨」のとりあわせにするか、もっと面白そうな季語を探すか・・・
・温室を叩きて春の時雨かな
・温室はガレージ上にあり穀雨

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「温室のあるガレージや春時雨」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも勉強させていただいています。

御句。吟行として別の道へ行くっていいですね。吟行って、どこどこの山へ行くとか公園とかに行くというよりは、そういうことだよなあと思ったりします。私も無駄に違う道行って発見する数分を楽しんでます。

基本形通り形ができています。「ある」が説明っぽく省ける言葉に感じますが、そのままでも問題はない範囲でだと感じます!このままいただきます。あとは、「春時雨」という季語を使って、ガレージの光景に何を感じてるのだろう、という読みがなかなか難しかったです。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「温室のあるガレージや春時雨」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、コメントありがとうございます!サキュバスが「吸う」のかは自分も悩んだところなのです。「憑かれる」「魅せられる」といった直接的な描写だと分かりやすくなりますけど説明くさくもなる諸刃の剣な気がして……

・ガレージと温室が一体化しているとは中々珍しい所ですね!そういった発見を俳句にしようという心が素晴らしいです。
→春時雨ガレージの屋根に温室
(温室をさらにクローズアップしてみました)

点数: 0

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「温室のあるガレージや春時雨」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。ちゃあきさんの句へのコメント出来ずに三句くらい溜めてしまったので、今からまとめて集中してやります。

御句、初読では「温室のあるガレージ」という光景がよくわかりませんでした。ご自身のコメントを読んで二階建てとわかりました。

・ガレージの上の温室春時雨

雨音がうるさそうな気がしますが、大丈夫なんですかね。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「温室のあるガレージや春時雨」の批評

回答者 さび

句の評価:
★★★★★
★★

こんばんは。初めまして。

温室(フレーム)は冬の季語かと。
ガレージと春時雨に焦点を絞り、温室は鉢植え等に置き換えてみてはいかがでしょうか?

鉢植を置くガレージや春時雨
ガレージにいつぱいの鉢春時雨

指摘事項: 季重なり

点数: 0

添削のお礼として、さびさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

母の揚げし凧落としては泣く子かな

作者名 かこ 回答数 : 9

投稿日時:

荒東風やザトウクジラの低周波

作者名 世良日守 回答数 : 3

投稿日時:

初秋の来たれど帰へる秋はなし

作者名 西風子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『温室のあるガレージや春時雨』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ