俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削得点の高い順の5ページ目

「プレゼンの出来はまずまず月冴ゆる」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: プレゼンの出来はまずまず月冴ゆる

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

プレゼンお疲れさまでした。まずまずの出来でとてもよかったですね、ほっとします。
「まずまず」だったかどうかを余白にして、季語に預けたいなあというのと、月冴ゆるが「冬」の冷たい凛とした感じだったので、ビジネスとほんわかを足してもいいのかなあと思ったのが感想でした。こんなのどうですか?ビジネス街から新橋へ繰り出すのでしょうか、なおじいさんのことだし😊😊

プレゼンを終へて月夜の八重洲口

点数: 5

「母握る爆弾むすび運動会」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 母握る爆弾むすび運動会

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。競技より細部に寄っていった感じがするので、好きです。
運動会の裏では、こんなことが行われているのだなあ、朝早くから握ったのかなあ、昼は私が大きい口で頬張って、入らないーとか言って、リレーはダメだったけどほんわかする運動会なのかなあと。
そういう意味では、母握るも空白にしたくなったりはします。

爆弾のやうなおむすび運動会

でも十分母さんかな?と思いますし、いつもと違ってこの日はばあちゃんが握るので大きいのかなあ、孫好きすぎて大きいのかなあ、とか、いろいろ想像したいですしね。

あとは爆弾むすび、という言葉がわりと認知されているのならば、比喩にさらにオリジナリティを与えるのもありです。

げんこつのやうなおむすび運動会
 お母さんの人ととなりを纏っているような。
満月のやうなおむすび運動会
 季重なりの比喩。うるわしいひととき。
砲丸のやうなおむすび運動会
 冷めた重い味気ない感じ。さんざんのレースだったのか。

比喩によって、そのお母さんの人柄や、今そこにあるドラマの雰囲気まで伝えられるかもしれませんね。

点数: 5

「壁有りて超えれぬ冬の壁有りて」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 壁有りて超えれぬ冬の壁有りて

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。この壁は自分ですね!
私はイチローさんの引退会見を思い出しました。「熱中できるもの好きなものに出会えてエネルギーを注げたら壁は越えられる。
人より頑張るなんて事はとてもできないんですよね。あくまでも秤は自分の中にある。それで自分なりに、その秤を使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていく。ということを繰り返していく。」
誰にも何の分野にも普遍のことばでした。

点数: 5

「長蛇の列の背中温むる初日かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 長蛇の列の背中温むる初日かな

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
お名前は変わっているかと思いますが、ねむりさん、ご無沙汰しております。ぜひ今後ともいろいろ教えていただけるとうれしいです。
御句。初日が背中を温めるという流れに少しだけ理を感じてしまったので、温いかどうかは出さぬ方向はいかがでしょうか?たとえば

初日さす長蛇の列のなかにゐる

点数: 5

「立冬やルームミラーに日の出見ゆ」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 立冬やルームミラーに日の出見ゆ

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。」

すばらしい、そういうチェック項目を作ったりしている方は絶対うまくなっていくと思います!先輩たちの上手い人の共通点は、素直謙虚勉強熱心。これじゃないかな。

さて、御句。「見ゆ」という自分の行動を残すかどうかの是非じゃないでしょうか。それがあるべきだという意見もあるかと思いますが、書かなくても「見えてる」のは分かってるよー、という違和感が着地に残るというか。
たとえば、
立冬やルームミラーに日の出づる
とか
立冬のルームミラーに日の出でぬ
とか。これで、十分「見ゆ」は表されているように思います。

でも、それにしてもめでかやさん、すごい。そのチェック項目すばらしい!

点数: 5

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲に手の甲と書く春夜かな

回答数 : 34

投稿日時:

小刻みにひげの知らせか雨休み

回答数 : 8

投稿日時:

掃き清められし境内露涼し

回答数 : 7

投稿日時:

送り梅雨早足に視聴覚室

回答数 : 5

投稿日時:

陽だまりのにほひのごとき猫よ夏

回答数 : 7

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

古い茶屋まわる日傘の影法師

作者名 明日晴男 回答数 : 1

投稿日時:

終演の目にも眩しき躑躅かな

作者名 シゲ 回答数 : 2

投稿日時:

植ゑ込みに拾うた落し文を置き

作者名 イサク 回答数 : 7

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ