俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削得点の低い順の1019ページ目

「秋の野道がふたつに分かつまで」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 秋の野道がふたつに分かつまで

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

卓鐘さんへの提案の参戦いいですね!こうやって自分なりにこう思うと言ってるうちにめちゃ勉強するようになりますからねー、間違えてもいい場だけど間違えたくないから勉強するって感じでめちゃ勉強したのを覚えてます。それでもお二方は厳しくもやさしくダメ出ししてくれました😆

さて御句。しっとりしていい句ですねー。
あえての11音ですかね?

秋野ゆく道がふたつに分かつまで

点数: 4

「草原の丸い青空鳥渡る」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 草原の丸い青空鳥渡る

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。丸いという措辞に眼目がある句会ですね。それだけで十分感動が伝わる句です。漢字が多いので開いてやわらかさが出るかもしれません。
季語も鳥渡る、だと、青空(を)鳥が渡る。と散文的な叙述が気になるので、渡り鳥にするのもよいかも。

草原のまるいあをぞら渡り鳥

点数: 4

「秋麗ホスピス棟の談話室」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 秋麗ホスピス棟の談話室

こんにちは。
いつも勉強させていただいています

御句。時候と場所だけなので、確かに人は見えにくいですが、できていると言えばできている句かなあ。
時候よりは、もう少し景があってもいいなあと思うので、
燕来るホスピス棟の2号室/葉月庵郁斗

の方が好きですね。

点数: 4

「春風に背を押されて入院す」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 春風に背を押されて入院す

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
おかえさん、調子はいかがですか?病院は心細いですよね。元気に感謝ですよね。

御句。風が背中を押してくれるという追い風向かい風の常套句があるので、何かモノを描いて気持ちを託したいような気がします。
入院の荷物は軽し春の風

句意から遠く離れていたらすいません。短い入院で終わりますように。

点数: 4

「うつし世は色即是空初桜」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: うつし世は色即是空初桜

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、雰囲気のある句ですね。上五中七が観念であるなら、季語はもう少し外していくか、もっと寄っていくか。
もし花で詠むなら、初、ということばが気になりました。
うつし世は色即是空花の影

ぎりぎりまで寄せてしまいました。

逆に、もうすこし外していくのも。ここで凧とか。

うつし世は色即是空いかのぼり
うつし世は色即是空凧の糸

すいません、実景は初桜なのに、斡旋論みたいな話をして。
詠みたいことがあふれて言葉がおいつかないみたいな時ってありますよね。十七音って短い、だから魅力的。

点数: 4

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

あゝなんてきれいな夕焼け左様なら

回答数 : 16

投稿日時:

さへづりの速さで傷の癒えゆけり

回答数 : 35

投稿日時:

手の甲に手の甲と書く春夜かな

回答数 : 35

投稿日時:

小刻みにひげの知らせか雨休み

回答数 : 8

投稿日時:

掃き清められし境内露涼し

回答数 : 7

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

公魚や賑わいにける白い家

作者名 さつき 回答数 : 5

投稿日時:

空を突く吹奏楽の春一打

作者名 藤井茂 回答数 : 2

投稿日時:

立冬や布団離れぬ朝七時

作者名 金平糖 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ