俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

良句とは何を基準か梅雨の空

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この添削道場、すごく好きです。まだ参加して数カ月ですが多くの俳句を愛する人達と
このサイトを通して交流することが出来ております。私の句はまだ拙い句ばかりですが
それでも皆さんから温かく丁寧に指導やコメントを頂けます。でもここに投句する時点で自分の句を駄句とはけっして思っておりません。どの句もみんな自分では<良くできた>と思って投句しています。このサイトのどなたかのコメントに<ここに投句するのは駄句だけで、自信のある句はここには出さない>みたいなコメントがありました。そのような考え方はこの添削道場に対して少々失礼かなと思いました。
私はこれからも、俳句を好きな一人として(実力はまだ見習い丁稚小僧です)この添削道場で学ばせて頂きたいと思います。
嫌なコメントは、上の空(梅雨の空)にして。
みなさんこれからもどうぞよろしくお願いします。

最新の添削

「良句とは何を基準か梅雨の空」の批評

回答者 めでかや

めいしゅうさん、こんにちは。頑張ってらっしゃいますね。
私も俳句を始めた昨年の11月からここでお世話になっています。

その時は何が良くて何が悪いのか本当に分かりませんでした。
なので、同じような指摘をなんでも繰り返し頂きまして・・・(^^;)。

これでは申し訳ないと思い、自分なりにチェックシートを作成しました。
・五七五か?
季語は一つか?
・景が浮かぶか?
・季語を説明していないか?
・報告になっていないか? 等々・・・。
今ではその項目は25項目にもなっています。
その結果、良い句は出来なくとも悪い句は確実に減ってきていると
信じております。

自選も同様です。チェックシートを見ながら苦渋の選択をするのです。
推敲を重ねて出来上がった句が全て公の場に投稿できるわけではありません。
残念ながら自選でボツとした大事な句をここに投稿して勉強させて頂いております。

それから初めてのことをやりたい時にも皆さんのご意見を聞きたいですね。
初めての句跨り、口語の句、破調の句(これはまだやっておりませんが)。
本当にありがたいことです。
私はずっと与えていただくばかりの立場ですが、これからは少しでも皆様に
恩返しできるようになりたいと思っております。

いっしょに勉強していきましょう。今後とも宜しくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「良句とは何を基準か梅雨の空」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。おっしゃる通りですね。私もこの道場に来て1年間は毎日1句投句というのを続けていて、みなさまから意見をいただいて、かなりかなり勉強させていただきました。めいしゅうさん多作でいろんな句を投句されています。こうやって意見をもらううちにいろいろなことがわかってくると思います!

私もこの道場に投句するのは毎日ではなくなりました。1年目は雑詠句をすべてこちらの道場に送っていましたが、いろいろな雑詠投句先(俳誌など)を始めると、道場に投句した句は既発表となるので、どうしても道場に投句する句が少なくなってしまったという流れです。

道場に出す句は駄句で自信のある句を他へという考え方には私も反対です。よくない句をこちらへ、という考えはちょっとイマイチですよね。
一方で、この道場は意見を聞きたい句を投句しているという意味合いは私もあります。自分の中でこの句はできたな!完成したな!という句ではなく、ここどうだろう?みなさんはどう考えるだろう?意見を聞きたい!という句、または議論が活発になって結果自分も他の方も学べるような句を出すようにしています。
そういう意味では駄句を投句するのではなく、意見が欲しい句という意味で書いているのかもしれませんね。みなさんの意見をいつも頼りにしています。

点数: 4

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「良句とは何を基準か梅雨の空」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

めいしゅうさん!
こんにちは!
いつもお世話になっております。
私のこの道場でいろいろ学んできました。今のその途上です。
本当は気に入った先生について勉強するほうが上達も早いかもしれませんね。
俳句の良し悪しの基準はあると思いますが、初心者の私にはまだよくわかりません。
ただ、俳句を作ることで人生は豊かになった気はします。
日々の生活の中に俳句のネタがないかと天気でも花を見てもただ眺めるだけでなく心にとめることが多くなりました。
俳句は自分のために作るではないでしょうか?
感想だけになりましたが、よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

行く道は令和の武士道ネオギャルヲ

作者名 青山燕飛 回答数 : 0

投稿日時:

死にかけてなお鳴く蝉の哀れなり

作者名 たたたた 回答数 : 12

投稿日時:

弓はじめ小気味良く鳴れ的中音

作者名 ねぎみそ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『良句とは何を基準か梅雨の空』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ