俳句添削道場(投句と批評)

なおじいさんの添削最新の投稿順の1255ページ目

たまげただ泉に人魚しかも化粧

回答者 なおじい

添削した俳句: 泉は鏡化粧を直す人魚かな

こんにちは。
白南風様、いつも勉強させていただいております。

御句、最初はメルヘンの世界だなー、こういうフィクションの世界もありなんだ、いいなぁ、と思いました。
同時に、でも人魚が泉にいるか?あれは海ではないの?という疑問。ほかの方と同じです。
お化粧を直すというのも面白い発想だと思いましたが、私にとっては人魚って海女さんに通じるものがあり、日に焼けた健康美?あまりお化粧が似合わないのです。
ごめんなさい、文句ばかり言って。

そこで提案句は、添削などというものではなく、少し遊ばせていただきました。
そんな人魚を見て、村人が驚いているさまを詠んでみました。

点数: 1

泉汲む旅人の背に想いはせ

回答者 なおじい

添削した俳句: 泉汲む旅人の手に想いはせ

こんにちは。
卯筒様、いつも勉強させていただいております。

御句、もう五十年ほど前のテレビで木枯し紋次郎というのがありました。主人公の渡世人(旅人)が街道筋の泉の脇で竹筒に水を汲むシーンが頭に浮かびました。

それと同時に、観光地の名水百選のようなところで、ペットボトルに水を汲む順番を待っている自分の姿も浮かびました。

どちらにしても、いまぼんやりと見えているのは目の前で水を汲んでいる旅人なのですが、普通こういう場合、向かいあっていることって少ないのではないかと。水を汲む旅人は背中を向けている。その背中を見て、ああ、幾つくらいだろう…どこから来てどこへ行くのだろうか…なんだか、色々あったという感じだな…とか思いをはせている、そんな情景を思い浮かべました。

「旅人の手」にこだわりがありましたらすみませんです。

点数: 1

月の夜に潜れば子宝この泉

回答者 なおじい

添削した俳句: 月の夜に泉潜れば孕むてふ

こんにちは。
ダック様、いつも勉強させていただいております。

御句、面白いですね、こういう伝説の泉があるのでしょうか?

私は「孕むてふ」については、「てふ」の問題より、「孕む」という言葉が好きになれませんでしたので、子宝と置いてみました。夜に水に潜るなどは余程の勇気のいること。そうまでしてでも赤ちゃんが欲しい、という女性が来るのでしょうから子宝としました。
下五の「この泉」は、ダックさんが「覗いてみたい…」とおっしゃるので、「その伝説になっているのはこの泉ですよー」と案内し、さらに強調の意味も込めました。

点数: 0

激怒せず走りもせずに夕涼み

回答者 なおじい

添削した俳句: 激怒せるメロスとなるも夕涼み

こんにちは。
負乗様、いつも勉強させていただいております。

御句、私は最初は何をおっしゃっているのかわかりませんでした。少し考えて、6月19日が桜桃忌であったということと、太宰の名作の走れメロスの書き出しが「メロスは激怒した」で始まっていることを知りました。皆さんすごいですねー。
もう私は疲れてしまって、提案句です。添削でもなんでもない個人的意見です。ごめんなさい。

点数: 1

「カタカナ語苦手な父や茄子の花」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: カタカナ語苦手な父や茄子の花

こんにちは。
イサク様、拙句「泉あり雑木林に…」のご評価ご添削有難うございました。実は私は俳句および季語について、先生とかお教室とかで勉強したことはありません。亡き義母は金子兜太に師事した俳人でしたが、残した句集を読んでも感覚が合わなくて…。

俳句には季語が重要とわかっていても、なんの関係もない十二音に「山笑う」とか「風薫る」とか付け足して出来上がりでは、これでいいのか?
季語とはいえなにがしかのメッセージを含ませなくては…と考えていました。これが裏目に出ました。
特に「泉」については、季語的イメージが湧かなかったために、なんとか身近なものに置き換えて…とか考えて、湧き水とか清水のようなあさっての句を詠んだり、考え過ぎて遠くへ行ってしまいました。

そこへイサクさんのこの句。「カタカナ語の苦手なお父さんと茄子の花がどういう関係があるんだよ、単に下五に季語を置けばいいということ?」
とか疑問に思って他の方の評価を拝見。そして卓鐘さんのご評価を見て目が覚める思いでした。
口から出る言葉はカッコいいわけではないけれど、一つひとつがみんな自分のためになる。茄子の花って、うす紫であんなにきれいなのに注目されるのは実のほうだから目立たないよなぁ。でも、親の意見となすびの花は千に一つも無駄がないというのはよく言ったものだなぁ…。
素朴で人付き合いも得意でないお父さんかもしれませんが、子どものことを考えてくれているんだ、ということまで伝えている。これが季語の力なんだ!
そう思うとこれは、すごい句だなと感動しました!
有難うございました。季語とこのように付き合い、大切にして、季語も他の十二音も引き立たせる句作りを目指していきたいと思いました。

点数: 1

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

黒塀の陰に紫陽花隠れをり

回答数 : 11

投稿日時:

歳時記を一旦閉ぢて更衣

回答数 : 27

投稿日時:

去年から自由服でも更衣

回答数 : 12

投稿日時:

夏めくやひとつの区切り二千段

回答数 : 32

投稿日時:

母の日や少し遅めの車椅子

回答数 : 18

投稿日時:

なおじいさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

初茜水平線を引きにけり

作者名 おうちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

かきくけこ恋に恋して夕焼けかな

作者名 おかえさき 回答数 : 6

投稿日時:

紫陽花をツピツピ讃える声ありき

作者名 てんこ 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ