俳句添削道場(投句と批評)

塩豆さんの添削最新の投稿順の4ページ目

「どんたくや三味の撥まで踊り出す」の批評

回答者 塩豆

添削した俳句: どんたくや三味の撥まで踊り出す

始めましてです。塩豆と申します。
どんたくを知らない私でも楽しげで溌剌とした場景が浮かびました!とても良いと思います。
一つ提案ですが、「踊り出す」を「踊り出し」のように連用止めするのはどうでしょうか?微妙なニュアンスの違いですが、後者の方が少しユーモラスな雰囲気を引き出せて良いと私は思いました。

点数: 1

「連翹や準惑星の写真集」の批評

回答者 塩豆

添削した俳句: 連翹や準惑星の写真集

いつもお世話になります!
形がしっかりしている俳句と思います。リズムもいいですし俳味も感じました。
ただ、例えば山吹などと季語が動きそうな気がしました。

点数: 1

「平成に仰げば尊し置いてくる」の批評

回答者 塩豆

添削した俳句: 平成に仰げば尊し置いてくる

いつもお世話になります!
無期俳句であることと少し説明的であることとが相まって、果たしてこれを俳句と言っていいのかが際どいところかもしれません。俳句とは別の文学としては共感性もあるのでアリかもしれませんが…。

点数: 2

「味薄き病院食や春隣」の批評

回答者 塩豆

添削した俳句: 味薄き病院食や春隣

いつもお世話になります!
「春隣」の季語を採用したのが少し意外でしたが暫くして腑に落ちもしました。病院食の味を四の五の言えるほどの余裕があるのですから、きっと体調は悪くないのでしょう。

点数: 1

「居残りの鴨の親子や葦の影」の批評

回答者 塩豆

添削した俳句: 居残りの鴨の親子や葦の影

いつもお世話になります!
おそらく「居残りの」の部分が発想を飛ばした部分であり、ここが伝わるかどうかがポイントかと思いました。
邪推かもしれませんが、春になっても残っている鴨を詠んだのでしょうか?

点数: 2

塩豆さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

ため息の何兆倍の春風か

回答数 : 2

投稿日時:

羽ペンの署名貰ひて梅雨晴間

回答数 : 4

投稿日時:

炎天や居留守の窓は煌びやか

回答数 : 6

投稿日時:

悪友の白衣を着たる晩夏かな

回答数 : 9

投稿日時:

ヒヤシンス隣もタイプミスの音

回答数 : 7

投稿日時:

塩豆さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

戦禍あり防寒具なき聖夜かな

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

夕焼の赤きに染まる白い肌

作者名 04422 回答数 : 4

投稿日時:

空を裂き唸る波濤へ鰤起し

作者名 たけたけ 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ