俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

悪友の白衣を着たる晩夏かな

作者 塩豆  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります。塩豆です!
格助詞「の」の用法によって、白衣を着ている人物が誰なのか二通りの解釈ができてしまう一句です。この解釈の分岐が活かされているかどうか、皆様はどのように思いますか。
その他にも感想などなどご気軽にコメントしていただけると嬉しいです!

最新の添削

裏に着て白衣の囁く晩夏かな

回答者 和光

こんばんは。二の腕の句のコメントありがとうございました。反応が確認できるのが最大のメリットです。掲句は白衣と晩夏で詠んでみましたが難しいですね。ザックリな感じが意味不明かも。お許し下さいませ🌅

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「悪友の白衣を着たる晩夏かな」の批評

回答者 和光

こんばんは。少しばかり意見を。こちらは有料の会員制のクラブでは無いので判断は「かぎろい」さんに属します。例えが悪いけど小学生の頃に普通の住宅街にピンク映画館が有りました。好奇心で前をウロウロしたものです。世界的に見て歌舞伎町等の歓楽街に若い女性が1人で歩けるのは奇跡ですね。日本には共存共栄の精神が有るからです。こちらの道場もそんな感じで良いと思います。最後に千日草さんは自分にとってだけ気持ち良い道場を希望ですか?排除の心は結局自分に返ってきます。。

点数: 4

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

「悪友の白衣を着たる晩夏かな」の批評

回答者 ハオニー

お久しぶりです
手直しは無理なタイプの句だと思っていたら、意見だけでいいようなので...

これは「作者が悪友の白衣を着た」だと思いました
わざわざ「着たる」なんて書かなくても、「悪友の白衣」だけあれば悪友が白衣姿かなと伏線張ることが出来ますからね

だとすると、この悪友は既に亡くなっていて形見である白衣を作者がそっと羽織ってみたという感じなのでしょう

それなら
悪友の白衣を借りて夏の果
の方がイメージ的に近いかと勝手にそう思っています

真相は藪の中ですね

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「悪友の白衣を着たる晩夏かな」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
私はご自身が着ていると読みました。ですが、友達とはいえ人の白衣を着るという状況が想像しづらく・・・・となると「悪友」が着ているのか、やはり迷いますね。

そして、この句のおっしゃりたいことは何なのか、いまいちピンときませんでした。
なぜ「悪」友なのか、晩夏とする意味は、とか難しいです。
晩夏・・・まだ暑いので汗をかいて着替えが必要だったけれども無かったので、友達のを拝借した・・・それくらいしか思い浮かびませんでした。
真相が気になります。

生意気を申し上げました。

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「悪友の白衣を着たる晩夏かな」の批評

回答者 和光

ごめんなさい。寝ぼけて送り先を間違えました。失礼しました🙇掲句は悪友という名の親友が作者は医師で最善を尽くしてくれた感謝の念で晩夏なので枕元に立った感じでしょうか。。

点数: 2

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

「悪友の白衣を着たる晩夏かな」の批評

回答者 和光

こんばんは。前から気になってたんだけど~皆の意見感想を聞いてるけどどんな真意で詠んだのかな?手の内は明かさないとね。振り逃げは駄目ですよ🌅

点数: 2

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

「悪友の白衣を着たる晩夏かな」の批評

回答者 ろっこ

悪友が白衣を着ていると読みました。
ただ
どのような状況なのかわからないです…

病院の?
飲み会の仮装?

ちょっと怖い想像をしてしまいました…

点数: 1

添削のお礼として、ろっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「悪友の白衣を着たる晩夏かな」の批評

回答者 かこ

全然違うと思うので、創作です。

大学四年生の読み手まだ就職が決まっていない。理系の友はずっと前に進路を決めている。読み手が屈折した気持ちといたずら心で悪友の白衣を着てみる。という風景を思い浮かべました。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

おもたせの中身は知らぬ春の夕

作者名 幸福来々 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

ワクチンを打つて老いへの御跋かな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

告白の浜に砂噛む春嵐

作者名 なおじい 回答数 : 21

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『悪友の白衣を着たる晩夏かな』 作者: 塩豆
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ