俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削最新の投稿順に並んでいます

「知らぬこと知らぬと言わぬ夏の木偶」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 知らぬこと知らぬと言わぬ夏の木偶

この「木偶」、私のことですよね?
感想もつらつら書いたつもりでおりますが、
俳句で喧嘩するわけにはいかないので、二度とこのサイトに来ないようにします。ごめんなさい。

一応、あなたの読み方が他の方にも正しいと思われると困るので、私の句について補足。
(自句自解は嫌いですがやむをえず)
私の句の「右」は胴体のことではありません。ではどこでしょう?想像するか、もういちど観察してください。わたしは観察するまでは「右をつけば右がしぼむ」と思いこんでいましたが、観察した結果、左もしぼみました。

再度申し上げますが、二度とこのサイトには来ません。ごめんなさい。

点数: 2

「蝸牛伸びて縮んで一寸半」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 蝸牛伸びて縮んで一寸半

こんばんは。

横から話に入ります。
私も「伸びて縮んで」が移動だとは思いませんでした。この句は体長のことを言っているのだと思いました。
4.5cm。やや小さめのかたつむりですね。

以前、蝸牛の句を作るために観察を繰り返していました。
種類によるかもしれませんが、かたつむりは移動に「伸びたり縮んだり」を必要としない種類が多いと思います。
腹部(貼りついている部分)の蠕動運動で移動しますので、ほぼそのままの形で動いていきます。
なので「伸びて縮んで」では移動のことだと思えなかった、というのが私の感想でした。
↓参考動画
https://www.youtube.com/watch?v=0eEANx2Ggs0

葉っぱから葉っぱへ渡るときなど、必要なとき「伸びて」いるのは観察したことがありますが、これはちょっと特殊な移動。

「尺取り虫」なら「伸びて縮んで」で確実に移動してますね。

ということで、もし「伸びて縮んで」を繰り返して移動しているかたつむりの動画があれば見てみたいなあ・・と思う次第でした。

一物と取り合わせについては、慈雨様と同じ認識です。

点数: 4

「黒塀の陰に紫陽花隠れをり」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 黒塀の陰に紫陽花隠れをり

こんにちは。

風景はわかる句だと思います。

散文説明、という話は他の方からも出ています。

◆「影」と「隠れる」は両方入れてしまうと説明感が出ますね。どちらか省略したいと思いました。
◆紫陽花は「作者には見えている(存在を知っている)」のですが「隠れている」。
ここに矛盾というか物語の展開があるのですが、「先に紫陽花を見てから、ああ隠れているように見えるなあと思った」のか、「影に隠れている紫陽花を見つけたときの感動」なのか。後者なら語順を変えた方がいいかもです。
◆紫陽花は「どっしりとした結構大きな花」ですので、どのように「黒塀に隠れていた」と映像表現するか。ここが腕の見せ所ではないかと思います。

・黒塀の影や紫陽花とは丸し
・紫陽花や黒塀に隠るるごとく

点数: 1

「ご立派な蜘蛛の巣軽く引きちぎる」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: ご立派な蜘蛛の巣軽く引きちぎる

こんばんは。

「ご立派」「軽く」に対比的なものを置いたのかもしれませんが、そこに作為がちらほら・・
「引きちぎる」は動作の描写になっていますが、「軽く」は作者(作中の行為者)の主観・感想になっていますよね。
言い訳によくある「軽く触っただけなのに壊れた」「軽くたたいただけなのに大げさに痛がるなよ」というのと同じ「軽く」に見えました。この「軽く」は客観ではないので・・

・ご立派な蜘蛛の巣である引きちぎる

点数: 2

「梅雨晴やマーマレードを多くぬり」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 梅雨晴やマーマレードを多くぬり

おはようございます。

「多く」「少し」などの言葉は、実景であっても説明感が出やすく、また「音数調整で使いました」という雰囲気も出やすいです。
少し工夫をしていきましょう・・

マーマレードなので「塗り」が省略できる可能性がありますね

・梅雨晴やマーマレードをたっぷりと

点数: 2

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 5

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

わかつてる分かってるけど破れ蓮

作者名 ケント 回答数 : 0

投稿日時:

彼誰の手まくらに余香紅蜜柑

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

プラグ穴左右の違いに小春かな

作者名 めい 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ