俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削最新の投稿順の5ページ目

「目に眩し青もみじの清々しさ」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 目に眩し青もみじの清々しさ

こんにちは。はじめまして。

季語論が大量に出ていて、混乱されているのでは?

まずご本人は、どの言葉を【季語】としているのか?
というのを聞いてみたいです。
私は「青もみじ」だと思うのですが・・・

もみじというのは本来「紅葉」のことですが、「楓」のことをさすこともあるようです。
そして「青もみじ」といえば「楓のまだ紅葉していないもの」を指しているようで、京都のパンフレットによく出てくるようです。だいたいの文章でみなさんそのような意味で使っているようです
この場合難しいところですが「青葉」「青楓」がともに夏の季語ですし、「青もみじ」という言葉はかなり「夏」感を含んでいると言えます。
主な歳時記にはなさそうなので、厳密な季語とは言い難いですが、本人が季語として使っているなら許容できそうな気はします
(厳しい先生は「ダメ」と思いますし、私も初学のうちは歳時記掲載の季語を使うべきと思っています)

一方「清々し」これを記載する歳時記は見当たりませんでした。ネットで「夏の季語」と断定されているケースが多発していますが、伝聞に次ぐ伝聞で根拠が見当たりません。唯一「Weblio辞書」に掲載があるのを見つけましたが、これは歳時記ではなく「日本語表現辞典」からの引用とあり、著者はわかりませんが『俳句の季語』とする根拠には乏しいようです。

また「眩し」については季語としての記述は全く探せませんでした。これはおかえさき様と同じく、引用先をお伺いしたいところです。実際、「眩しい雪」「眩しい夏の海」に季重なり感は感じませんし・・・

ということで「青もみじ」を季語として使ったのかな?というところからコメントです。

◆俳句本来の【五七五】のリズムに、もう少し近づけたいですね
◆季語「青楓」には「清々しい初夏の感じ」というイメージを含んでいると思います。ここは季語「青楓」の映像を信じて、「清々しさ」とわざわざ説明するのを避けたいかなあ・・・と

コメントから「散歩」のイメージを出したい感じで

・いつもより眩しき道の青楓

こんな感じでいかがでしょうか。「眩しき道」「青楓」で、清々しさは十分に感じられると思いますが・・・

またよろしくお願いします

点数: 6

「来世でまたね母逝きて桜さく」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 来世でまたね母逝きて桜さく

あ、ごめんなさい。
おかえさまのツリーにめいさま向けのコメントを発信してしまいました・・・
このサイトは削除が効かないので、申し訳ないです

こちらではおひさしぶりです
そしてプライベートではいろいろとお疲れ様でした
追悼の句受け取らせていただきました

点数: 1

「来世でまたね母逝きて桜さく」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 来世でまたね母逝きて桜さく

なんかとんでもない誤解がありましたので

歳時記を信じるなと発言したことはありません

ネットの誰が書いたかわからないような記述は、きちんと調べてからにした方がいいですよ。とは言いましたね。ネット歳時記や個人ブログには、怪しいものが多すぎるように思います。

本の歳時記で、著者や編者がしっかり記載されているものには、信頼できるものが多いと思います(これは付け足し)

私もまだ勉強中なので、間違ったことを言うかもしれないという意味で「イサクを信じるな。きちんと裏をとってください」は発言しました。その受け取り方はお任せします

点数: 3

「春昼の捨て子のやうな私かな」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 春昼の捨て子のやうな私かな

春朝のステゴザウルスになりたし

ごぶさたしてます。迷子は迷子なりにがんばっています

点数: 2

「風吹きて散歩ルートが花筵」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 風吹きて散歩ルートが花筵

こんばんは。はじめましてですか?

季語「花筵」とは、花見のときに座るゴザ(現代なら花見のレジャーシートも可)のことなので、散り敷かれた花びらのことではありません。
歳時記をご確認ください!

季語が変われば句のかたちも変わるかもしれませんね。ふさわしい季語を探してみて、他の部分も推敲してみてください。

点数: 1

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 41

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 3

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

近所より二人寄りけり焚火して

回答数 : 38

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ばらばらと萩の零れて白毫寺

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

衣替え鏡の俺は俺じゃない

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 11

投稿日時:

フェンス越え皇帝ダリアしなりけり

作者名 コウ 回答数 : 6

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ