俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

長きこと一人暮らしや春炬燵

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一人暮らしの情景

最新の添削

「長きこと一人暮らしや春炬燵」の批評

回答者 ケント

あらちゃん様こんにちは。
あらちゃん様が一人暮らしかどうかはさておき。
人間一人暮らしが長くなると、部屋は散らかり放題、テーブルとしている炬燵の上には、新聞が無造作に広がり食べ残しの食器もそのまま。灰皿には山の様に吸殻が。こんな状況が想像されます。
しかし、この作者は違った。
無口で、とても人付き合いが良さそうには見えない風貌だが、実直で、清潔で、几帳面な性格をしている。その証拠に炬燵のテーブルの上は清潔で、物が整然と置かれている。右隅にペン立て、その横には句帳らしきノート。持病の飲み薬のケース、薬はきちんと仕分けられている。老眼鏡も綺麗にレンズが拭かれて透明な灰皿とともに置かれている。真ん中には、茶渋の少し残る大きめの湯飲み、作者のお気に入りの湯飲みだ。
作者は、たまーに淋しさを覚えることはあっても、過不足の無い充実した日々を、俳句を友としてこれからも一人暮らしを楽しむであろう。

私の勝手な妄想にお付き合い頂き申し訳ありませんでした。
貴句を読み、そんなことを想いました。
失礼しました。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「長きこと一人暮らしや春炬燵」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様。すごい。俳句のタネどんどん出てきますね。
この、こたつは、食卓の役目をしたり、そのまま、寝ちゃって、朝を迎えたり、年中、そこにあるのかな?と想像しました。男性の一人暮らしの悲哀が詠まれていると感じました。
▪俺の妻永遠に共に春炬燵
また、宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

亡き母の珈琲かをる春の夢

作者名 卓鐘 回答数 : 4

投稿日時:

烏帽子岩わが名知らずに日焼けせり

作者名 登盛満 回答数 : 2

投稿日時:

白濁の湯より庭の大ざくら

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『長きこと一人暮らしや春炬燵』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ