俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削得点の高い順の2ページ目

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 野遊びで髯のみごとな鳥に会い

わたしからもいちおう・・
私は師匠と呼ばれるのを好んでおりません・・というのは別の話ですが大事なので先に言いました。

こま爺様は勉強家でありますし、真面目な方なのだと思います。それが他人の句に対する厳しめの目線になっているのだと思いますが、自分の句に対する他人の意見にも厳しいところがあるように見受けます。
こま爺様が自分の句の作句意図を大切にしているのと同じように、他の方も自分の句を大切に思っています。また、こま爺様が他人の句に違和感を覚えるのと同じように、他の方もこま爺様の句に違和感を感じた時は意見を出してくれています。

という点と、

「○○はダメと××というサイトにありました」のように、どこかの誰かの受け売りのような意見は、こま爺様が本当に句の内容を見てくれているかどうか不安になります。
俳句を勉強できるサイトを紹介していただくのはどなたかの勉強になるかもしれないので構わないと思いますが、他人の言葉ではなくてこま爺様ご本人の意見で句の良しあしを鑑賞していただきたいなあ、と思ったことはあります。

という点です。

コメントは文字でしかないので、顔を合わせていれば伝わるようなニュアンスが伝わらないことがあります。

私はこのサイトにおいては、実績とかはあまり関係ないと思っています。猛スピードで追い抜いていくげ○○ば様みたいな方もいます。
文章表現の方法論や考え方はひとそれぞれでいいと思いますし、ましてや詩の世界に正解はないと思っています。
ので、他人と意見が食い違っても「そんな考え方もあるんだ」と思うのが勉強になっていますし、自分の句に厳しめの意見を言われるのは歓迎ですし、「他人の句のダメなところはわかるが、自分の句のダメなところはわからない」というのは俳句あるあるなので、意見の交流はあった方が良いと思っています。

私も間違っていることはいっぱいありますし、厳しめな目線はそのままに、いろいろと意見を伺えると幸せです。

点数: 7

「積み込みを終えて花冷だったのか」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 積み込みを終えて花冷だったのか

パクりはやめましょう
句意も違います

点数: 7

「ここにいる皆が幸せであるよう」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: ここにいる皆が幸せであるよう

ありがとうございます。

そのお気持ちに御礼申し上げます。

点数: 7

「Nじいさんを探して師走半ばかな」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: Nじいさんを探して師走半ばかな

おはようございます。

そうですよね。心配ですよね。
正直、このサイトでもネット全体でも、理由は様々ながら急にinしなくなるのはよくある話ですが、なおじい様の今までのキャラクター的には心配してしまいます。

理由もわからないですし、実生活での知り合いでもないので、静観するしかないのですが・・

点数: 6

「明け六つに白雪蹴って二二六」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 明け六つに白雪蹴って二二六

おはようございます。

二二六事件のことだと思うのですが、もしかして渡様、当時のことを覚えてらっしゃるのでしょうか?

◆着地が「白雪蹴って二二六」では、二二六事件の映画かなにかのキャッチコピーみたいです。
 「二二六事件」という名がつけられたのは後日で、この「白雪を蹴って」いる瞬間の「二二六」は単なる日付ではないでしょうか。
◆当時のことを覚えていない(新聞や何かで直接は見ていない)とすると、この着地「二二六」は理屈の言葉です。描写ではなく頭の中で作っていることを説明しているような言葉になっています。

 ニュースを俳句として描くのであれば、理屈ではなく描写の言葉に寄せて、

前書き「二月二十六日」
・明け六つに白雪蹴りし軍靴かな

 ぐらいでいかがでしょう?
 ニュースというのは「報せる・説明する」という目的がありますので、俳句とはあまり相性がよくないようです。練習以外ではあまりお勧めできませんが・・

点数: 6

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 41

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 3

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

近所より二人寄りけり焚火して

回答数 : 38

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

千日紅いつまで咲くやちさき玊

作者名 森本可南 回答数 : 2

投稿日時:

更衣母のスパンコール眩し

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

朝顔市子の字を真似る観察記

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ