俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

野遊びで髯のみごとな鳥に会い

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

髯のある鵙のことです。

最新の添削

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 イサク

わたしからもいちおう・・
私は師匠と呼ばれるのを好んでおりません・・というのは別の話ですが大事なので先に言いました。

こま爺様は勉強家でありますし、真面目な方なのだと思います。それが他人の句に対する厳しめの目線になっているのだと思いますが、自分の句に対する他人の意見にも厳しいところがあるように見受けます。
こま爺様が自分の句の作句意図を大切にしているのと同じように、他の方も自分の句を大切に思っています。また、こま爺様が他人の句に違和感を覚えるのと同じように、他の方もこま爺様の句に違和感を感じた時は意見を出してくれています。

という点と、

「○○はダメと××というサイトにありました」のように、どこかの誰かの受け売りのような意見は、こま爺様が本当に句の内容を見てくれているかどうか不安になります。
俳句を勉強できるサイトを紹介していただくのはどなたかの勉強になるかもしれないので構わないと思いますが、他人の言葉ではなくてこま爺様ご本人の意見で句の良しあしを鑑賞していただきたいなあ、と思ったことはあります。

という点です。

コメントは文字でしかないので、顔を合わせていれば伝わるようなニュアンスが伝わらないことがあります。

私はこのサイトにおいては、実績とかはあまり関係ないと思っています。猛スピードで追い抜いていくげ○○ば様みたいな方もいます。
文章表現の方法論や考え方はひとそれぞれでいいと思いますし、ましてや詩の世界に正解はないと思っています。
ので、他人と意見が食い違っても「そんな考え方もあるんだ」と思うのが勉強になっていますし、自分の句に厳しめの意見を言われるのは歓迎ですし、「他人の句のダメなところはわかるが、自分の句のダメなところはわからない」というのは俳句あるあるなので、意見の交流はあった方が良いと思っています。

私も間違っていることはいっぱいありますし、厳しめな目線はそのままに、いろいろと意見を伺えると幸せです。

句の評価:
★★★★★

点数: 7

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

こま爺さん!こんばんは!
再訪です。
この道場はいろいろな意見を交換してそれぞれ勉強する場で私自身も勉強させていただいております。
特定の師を持たない私はこの道場で大分鍛えられたました。色々厳しいこと言われ一時この場から去っていたこともありましたが、俳句を止められずまたこの場に戻ってきました。同じころ俳句を始めた郁斗さんも同じ思いだと思います。
イサクさんやけばげばさんすでに実績をある方からのコメントはとても勉強になりました。
ただ、俳句初心者で俳句の実績もない方が俳句の本を読んだ知識であれこれコメントされると言われた方は良い気持はしません。
あれこれ言う前に自分の実力を示してくれよと思うのは人情ではないでしょうか。
いわゆる俳句は「言うは易く行なうは難し」だと思います。
人の句は批判は簡単でも自分で作るのは大変難しいと自分は思っています。
それだけにコメントには注意を払っています。
私のように高校卒業で学歴のない人間ですが、俳句の世界はそれは関係ないことです。イサクさんやげげばげばさん私より年下ですが、尊敬できる師匠です。
高学歴の大先輩のこまさんに失礼ではありますが、そこのところご理解を賜りよろしくお願いいたします。
それでは失礼いたします。
これからもよろしくお願いします。

点数: 5

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

こま爺さん
おはようございます。
再訪です。
郁斗さんへの「気になさらないで。迂闊なのは私のほうです。」
こまさんが郁斗さんを誤解されて私にコメントされてきた流れからすると郁斗さんへ一度お詫びされて方が良いと思いました。
それと今朝の猫の季語の件で前にも花びらは季語でないとコメントされたました。
この道場は初心者の方も多くおりますので、間違った情報を流すのは如何なものかと
季語は歳時記などで確認されることをお勧めします。自分は2冊使っています。
高学歴のこまさんには釈迦に説法ですが。
くれぐれも慎重にコメントされんことをよろしくお願いいたします。

点数: 5

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

わざわざ再訪頂き恐縮です。
こま爺様の俳句の読みさすがです。
拙句椿に対して罪を詠んだのでないので
よくわかってらっしゃる(笑)
椿または人の事を平気で踏みつける
愚かな人を詠んだ句なので。
季語を茶化す始めて聞いた言葉です。
勉強になります🐽

愚かな人の事を

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは

花水木の句にコメントありがとうございました。

中七のかなはあまり使わないのですね。
でも、選んで頂けることもありますよ。
悪球打ちですね😃
下記の句は津川先生に取っていただきました。

冷房車より良いのかな天国は

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

再訪です。
失礼ながら佐渡様のところへ
誤解を解いて頂きたくコメントしました。
私はこの道場で俳人として育てて頂いたと
感謝してます。今後も新人の手本になる
ようこま爺様のご指導よろしく申し上げます。

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

再訪です。
私が叱っていると佐渡様のところでコメントされましたが
間違った事を言われて
気になさらずですか?気になるでしょ。
その前に何か言葉が足りないのでは?
俳句の事に関しても
とにかく間違った情報を流さないで下さい
よろしくお願いします

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

こま爺さん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
御句
こま爺さんさんはいつも
助詞に「でばがには」は散文的になるので避けるべきとのことです。
とコメントされていますが、こちら敢えて「で」を使って散文的にはならないのでしょうか?
素人にはよくわかりませんでした。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

再訪です。
「でばがには」は散文的になるご指導ありがとうございました。
御句の野遊びでの「で」は
季語を立たせる夏井先生の教えどうる
意味のある「で」と
解釈しました。
素晴らしい

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

文字だけのやりとりなので誤解を
避けなけれなりませんね。
申し訳けありません。
こま爺様ほどの方が
俳句の下手な
私に自戒を言われてもですよ(笑)
こま爺様ほど高学歴ではない私は
バカ者ですからお許し下さい

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「野遊びで髯のみごとな鳥に会い」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

こま爺さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
横からすみません。
季語をちゃかす句はボツのボツでしょう。ならば作るな、!🐽」
このような誤解も招くような言い回しは避けた方が良いと思います。
こま爺さんはそういう人でないと自分は思っていますが、私もこれって郁斗さんへコメントは少し問題あるかと思いましたよ。
お互い細心の注意を払いたいものですね。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

浮雲の一つ動かぬ花野かな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

神の名を覚えられない宝船

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

炎天や乗ってすぐ出すカーディガン

作者名 小西晴菜 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『野遊びで髯のみごとな鳥に会い』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ