俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ここにいる皆が幸せであるよう

作者 優子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私の気持ちを詠みました。季語もない句ですみません。

最新の添削

「ここにいる皆が幸せであるよう」の批評

回答者 もんこ

優子様
初めまして、もんなと申します。
いつも御句を拝読させてもらってます。
この道場にいる皆の幸せを願っている優しい気持が伝わります。

ご自分のことを図太くて鈍感とかおっしゃいますが、そんなことはないと思います。
むしろ敏感で心配りのある方と感じます。
こちらの句を読んで私はそう感じました。
今後とも宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ここにいる皆が幸せであるよう」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌆
御句、そのままいただきます。

さて、私はこの道場に向いている、、
そう、かもしれません。
たしか、ここにお世話になったのは、去年の11月ぐらいでしょうか。
おそるおそる、置いた句が以下です。
「香もよくて妻にも勧む卵酒」
「も」が二つ!
早速、「ある方」から厳しい指摘。
こともあろうに、食ってかかった気が、、(笑う)
それから、投句して、「ありがたいことに」、先輩諸氏、および「ある方」から毎度、手厳しい指導です。
とくによく指摘される「散文的」の意味が分からず。
私は、「自分で」ネットで調べたり、入門書を読みました。
そして、はっきりとした「散文的」の定義は分かりませんでしたが、なんか「散文的」の「感じ」は分かりました。
そうして、「散文的である」との指摘は減っていきました。
それはさておき、私は夜型であり、夜中あたりに添削のついていない句がそこそこありましたが、翌朝全てに「コメント数1」となっておりました。
「その方」の労力、かなりのものであったでしょう。
そして、私はいま、その時よりは多少「俳句」が作れるようにはなっていると感じています。でも、いまだに、「散文的」な「俳句」をつくることもあるでしょう。
そして、私は「この道場に向いているのではなく」
私は「いさせてもらっているのです、みずから志願して」。「その方」がいる限りです。
さらに、「評」「添削」というものは「主観そのもの」であり、各人、何が、どこが、良いのかは、バラバラです。「論理、理性」と「美的評価」とは元来相反するものです。そういう元で私たちは、「評」「添削」をおこなっており、つねに「主観」と「客観」に悩んでいると思います。
理解し難い「評」をもらったときには、とりあえずは考えますが、「そっと」その「評」は脇に置いとくしかありません。
あっ、喉が渇きました^_^
水飲んできます。^_^
よろしくお願いします。

点数: 5

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「ここにいる皆が幸せであるよう」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

優子さんへ
おはようございます。いつも楽しませて頂いております。
御句は、いつも主観の強い独特の句が多くて、私はそれが気に入っていつも読ませて頂いております。コメントはあまり入れてはおりませんが、どの句も拝読しております。
さて、掲句ですが私は優子さんのご家族への愛情表現だと拝察いたしました。
<ここ>は優子さんのご家庭、<皆>は優子さんのご家族、そしてそのご家族皆んなが
どうかいつまでも幸せでありますようにとの思いを詠まれたのだと読ませていただきました。自分勝手とは仰っておりますが、本当は誰よりも自分を愛し、家族のことを愛されていると拝察します。その思いに共感をいたします。
ところが、御句を読んで<ここ>を<この道場>だと勘違い(?)して、真っ先にコメントをされた方がおります。ひとの俳句を読んでそこから何を感じるかは、その人の
自由勝手ですから別にいいのですが、少し滑稽に思えてなりませんでした。
いつもは季語のことをうるさく指摘される人なのに、この句についてはそんな無粋な
ことは一言も仰らないで。
でも優子さんにとっては、その勘違い(?)のお陰で多くのコメントを頂く事が出来て皆さんから共感や激励が頂けたのですから良かったと思います。
いずれにしても、誰のことであれ、人の幸せを祈ることは清々しくて大切な心だと思います。
また、楽しい句をお待ちしております。
優子さんご自身もどうかいつの日もお幸せでありますように。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

中退の制服の紺澱む冬

作者名 たなべ つな 回答数 : 2

投稿日時:

秋雨や駅に貸し出すビニール傘

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

蒸篭の粽やそばの皿持つ子

作者名 孫春艶 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ここにいる皆が幸せであるよう』 作者: 優子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ