俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削得点の高い順の1351ページ目

「霧深し絶えぬ川音湯宿朝」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 霧深し絶えぬ川音湯宿朝

こんばんは。

下五の詰まり方と、三段切れが気になります。

とりあえず「朝」を省略して、なおかつ三段切れを回避してみます。

・霧深き川音絶えぬ湯宿かな

 ↑ とりあえずの提案句ですが、もう少し省略できることを省略して、風景の焦点を絞った方がいい感じになるかと・・・他の方の添削句をご覧ください。

点数: 0

「秋晴れのこの富士初めてのぞみ号」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 秋晴れのこの富士初めてのぞみ号

こんにちは。

この句は「秋晴れの富士がきれいで感動した」まで言えれば大丈夫だと思います。

「初めての」はあくまで自分の経験を説明しているだけで、他の人はもっときれいな富士を見ているかもしれません。「初めての」は心にとどめておきましょうか・・・
「新幹線のぞみ号」も自分経験の説明なので、富士山の映像を優先するなら変えてもいいかと思います。提案句では残しておきます。

・のぞみ号よりああ秋晴れの今日の富士

点数: 0

「無花果にされど恋する乙女かな」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 無花果にされど恋する乙女かな

こんにちは。はじめまして。
俳句は初心者様とお見受けします。

コメントの(大意)には、短歌が合いそうですね。
・無花果のように心は見えねども されど恋する乙女なのだな

出されている俳句の方は、問題点が多いです。

◆先になおじい様がおっしゃっている通り、「無花果に恋する乙女」という意味になっています。
 無花果がそんなに好きなのか・・・?という感じです。
◆途中に「されど」とあるので、正確には「それでも無花果に恋する乙女」という意味。「それでも」の前に、何かが匂わされています。
 【無花果を食べすぎると太ることはわかっているけれど、それでも無花果に恋する乙女】ぐらいの意味かなあ・・・?

◆コメントの(大意)からは「無花果のような恋心」と言いたいのでしょうが、これでは伝わりません。
 また、(大意)どおりに俳句を作ると、季語「無花果」が比喩で、風景として実物が存在しなさそうなのも、俳句としては残念な点です。

・無花果のように恋する乙女かな (季語が比喩で、季語としての力が弱い)

という感じでした。

点数: 0

「夜も更けし神に手のひら焚き火かな」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 夜も更けし神に手のひら焚き火かな

こんばんは。

「かな」は上五から繋いでいく難しさがありますね。
提案句を置いて失礼します。

・神に手を向けたるやうに焚火の夜

点数: 0

「暑すぎてYシャツ越しに肌みえる」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 暑すぎてYシャツ越しに肌みえる

こんばんは。はじめまして。
初心者さんというか、俳句と川柳の区別もつけていらっしゃらない感じですかね。

まず「季語」という言葉をご存じでしょうか?
俳句に奥行や幅の広さを与えてくれる、季節に寄り添った言葉です。
その「季語」や、五七五の基本のリズムを使いながら、詩を作っていくのが俳句です。

「テーマ:夏」ということですが、夏の季節なら夏の季語を使えば基本的には「テーマ:夏」にはなるのです。

ポロロ様の句には夏の季語「暑い」が入っていて、五七五のリズムもあります。
いちおう形は「俳句」になっています。
「汗で透けているのかなー」という想像もできそうで、完全にダメというわけではないです。
ただこれが「俳句」という「詩」となると、どうでしょうね?

もう一句の方で、少し解説します。

点数: 0

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 19

投稿日時:

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 44

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 3

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

水鳥の風に流さるやうに来る

作者名 ダック 回答数 : 3

投稿日時:

砂浜に足跡数多春日かな

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

物の値の高き世相や行々子

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ