俳句添削道場(投句と批評)

鬼胡桃さんの添削得点の高い順の57ページ目

夕凪や遠くの白い観光船

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 夕凪や遠くに白い観光船

こんにちは。
句に関してコメントを申します。
細かいですが助詞が私には、ん?と思いました。
助詞(に)ですと、遠くにあると説明的にも解釈できますのと、(に)はにじっと止まってる。動いてないまたは故障中の白い観光船とも読めてしまいそうです。
船が止まってるのでしたら、(に)は間違ってはありませんが、説明的であります。
私なら助詞を(の)にするかなと考えました。
あと、句を投句しましたので、コメントお願い致します。

点数: 0

「蝉時雨噴水の水干上がりぬ」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 蝉時雨噴水の水干上がりぬ

こんにちは。
イサクさんと被りますが、水は余分かなと思いました。
あと、私にはこの句は三段切れに感じました。上五の季語で名詞切れ、中七下五も切れてるように感じました。
あと、句を投句しましたので、コメントお願い致します。

点数: 0

「夏休み工場跡に秘密基地」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 夏休み工場跡に秘密基地

こんにちは。
卓鐘さんと被りますが、助詞(に)で句が説明的になってますので、ここは(の)が正しいと思います。
あと、句を投句しましたので、コメントお願い致します。

点数: 0

「喧騒の遠くなりたる日傘かな」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 喧騒の遠くなりたる日傘かな

こんにちは。
句を読みまして、下五の切れ字の詠嘆がよく感じました。
最近炎天下と浮き人形の句を投句しましたのでコメントお願い致します。

点数: 0

「閉じてとも言えず寄り添う日傘かな」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 閉じてとも言えず寄り添う日傘かな

おはようございます。
最初一読みで、句から日傘を人に見立てた擬人化の句かな?と感じました。
ですが、読み直すと卓鐘さんやイサクさんと被りますが、主役が何に寄り添ってるのかが分かりずらいと感じました。
あと、玉の汗と浮人形の句を投句しましたので、コメントお願い致します。

点数: 0

鬼胡桃さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

食堂へ5個のブッシュドノエルかな

回答数 : 3

投稿日時:

狛犬の耳に5本の氷柱かな

回答数 : 2

投稿日時:

皺深き漁師へホットドリンクス

回答数 : 0

投稿日時:

地獄谷展望台へ冬蛍

回答数 : 0

投稿日時:

暖冬や磨く百個のトラバサミ

回答数 : 0

投稿日時:

鬼胡桃さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

駘蕩と光る湖畔の露天風呂

作者名 登盛満 回答数 : 2

投稿日時:

啓蟄や靴下探し干場走る

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トロ箱に光る秋刀魚や海の色

作者名 そうり 回答数 : 15

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ