俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

狛犬の耳に5本の氷柱かな

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お久しぶりです。
本年も宜しくお願い致します。
年明け前から作りました冬の句を随時投句しますのでコメントお願い致します。
一句目です。
まずは元旦に神社に初詣に行きました。
その日はかなり冷え込んでました。
一番大きい狛犬の耳に大小合わせて両耳に5本ずつ氷柱が出来上がってたのでびっくりしたのと同時に滑稽だと感じた時の光景を句にしました。
今回は得意で無い助詞[に]と切れ字[かな]を使いました。

最新の添削

「狛犬の耳に5本の氷柱かな」の批評

回答者 おかえさき

今晩は、鬼胡桃さん初めまして…
なんてお読みするのでしょうか?
(きくるみさん?)
珍しい光景を見られましたね!

・狛犬のイヤリングめく氷柱かな

御句のままでも、えー五本も!と驚きがあっていいかと思いますが…
耳なのでイヤリングと想像しましたそう見えたかは分かりません😓
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「狛犬の耳に5本の氷柱かな」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

鬼胡桃様、初めまして。
明けましておめでとうございます。

狛犬の両耳に「氷柱」が五本、合わせて十本ですかね… 事実がそうだったんでしょう…
しかし、ここは"十本"は多過ぎるので、"二本"にしませんか…?
二本だと、"日本"にも通じ、良くないように思えますが、思わせ振り、寓意で、敢えて…
「狛犬の耳に二本の氷柱かな」
謎解き川柳みたいですかね…(笑)

宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

母と来た公園に咲く寒椿

作者名 優子 回答数 : 3

投稿日時:

あざらしや茶の間に眠る吾妹子は

作者名 丼上秋葵 回答数 : 1

投稿日時:

泉湧くつぎからつぎへ水の水

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『狛犬の耳に5本の氷柱かな』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ