俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕凪や遠くに白い観光船

作者 しらさぎ  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはよーございます。
添削宜しくお願い致します。
[泉]の題で詠みたいけれどまだ俳句
読めていないので、勝手俳句ですが送信させて頂きます。🙄

最新の添削

夕凪や遠くの白い観光船

回答者 鬼胡桃

こんにちは。
句に関してコメントを申します。
細かいですが助詞が私には、ん?と思いました。
助詞(に)ですと、遠くにあると説明的にも解釈できますのと、(に)はにじっと止まってる。動いてないまたは故障中の白い観光船とも読めてしまいそうです。
船が止まってるのでしたら、(に)は間違ってはありませんが、説明的であります。
私なら助詞を(の)にするかなと考えました。
あと、句を投句しましたので、コメントお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

夕凪に影を伸ばせる観光船

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

厳しくしてくださいということですが、特に瑕疵は見られないですね。
景も出ていますし、余分な語があるわけでもありません。
問題はないかと思います。

しいて言えば「朝凪や」「夏の波」などでも全く問題なくはまってしまうので(景は変わります)、
「夕凪」が「ただの風景」に落ち着いてしまいそうな点ですが、
そこは写生俳句と言い切ることもできますので・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「夕凪や遠くに白い観光船」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

厳しくということなので。

俳句の形としてはちゃんと整っていると思います。
ただ、それだけとなっちゃうかもしれません。
夕凪の広い光景として確かにきれいだね。で終わってしまうというか。

綺麗な風景を俳句として描写するのは実は無茶苦茶難しいと思います。
難しいからやるなということではなく、難しいということを知ってるだけでもいいと思います。

遠山に日の当たりたる枯野かな (虚子)

有名な句ですが、遠山に日が当たっている枯野の光景ただそれだけですが、遠山に日があたっていることを描写することで、枯野の寂しさが対比としてめちゃくちゃ際立ってませんか?遠山に日が当たるくらい途中に何もなく広大に広がる枯野。その枯野は確実に薄暗い寒々として光景に違いないということが誰にもわかります。

この句は、この虚子の句と似た試みだと思います(すごい!)。
虚子は枯野の寂しい光景を日の当たる山を使って描写している。御句は、夕凪の広い光景を、遠くの白い観光船を使って描こうとしている。虚子と比較するのは酷な話ですが(笑)、「遠くに白い」観光船という描写だけで、夕凪の光景を、普通にキレだねという感想以上の何かを伝えることができているか。再考の余地がある部分かと思います。

めっちゃ難しいです。

イサクさんの提案句は、「影」を出すことで夕凪の光景を際立たせようという工夫ですね。「白い」の色を出すことで、夕のイメージを明確にしたいとの工夫はありますが、本当にそれで十分か。

この句はこの句としていいと思いますので、工夫できるとしたら、という話でした。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

アリガトと春めく古都の四辻で

作者名 そうり 回答数 : 9

投稿日時:

トンネルを抜ければ濃霧潮の風

作者名 竜子 回答数 : 1

投稿日時:

水出しのアイスティーと御言葉と

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕凪や遠くに白い観光船』 作者: しらさぎ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ