俳句添削道場(投句と批評)

添削と批評一覧最新の投稿順の2ページ目

「散る花や行く宛てもなきひとり旅」の批評

回答者 めい

添削した俳句: 散る花や行く宛てもなきひとり旅

竜子さま。コメントありがとうございます。
また、宜しくお願いいたします。🙇

点数: 1

「寒空の彼は飛行機か明星か」の批評

回答者 山口雀昭

添削した俳句: 寒空の彼は飛行機か明星か

度々すみません。
「彼は飛行機か」中7が中8になっていませんか?気になりますが。

指摘事項: 字余り

点数: 0

「山蝶や乗り間違へりこの電車」の批評

回答者 めい

添削した俳句: 山蝶や乗り間違へりこの電車

ケント様。
コメントありがとうございます。
そうでしたね。
文語は、む でしたね。
あい変わらずそそっかしいです😝
教えて下さりありがとうございます。🙇
それに、景が、はっきりと見えません。
情報が少なくあいまいです。
もっと具体的に詠むといいかもしれないと、思いながら、どれも、はずせない言葉ばかりで、、、
俳句は、難しいよ〜😭
また、宜しくお願いいたします。🙇

点数: 1

「春深し黄昏一人さまよわん」の批評

回答者 竜子

添削した俳句: 春深し黄昏一人さまよわん

めい様 こんにちは
お世話になります。
御句
春深しの本意は
どこか詠嘆の気持ちがあり、時のうつろいの速さを思うところがある。
歳時記 平井照敏編
そんな春の夕暮れにひとりあてどもなく漂い歩いている。
こんな感想を持ちました。
さまよ・ふ(彷徨ふ)
ひとつ「さまよはん」んの助動詞は活用の未然形に接続のようなので「は」かなと思います。
未熟な頭で考えてみました。
間違っていたらごめんなさい
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ