ノベル道場/小説の批評をし合おう!

誰ガ為ノ拳(だれがためのこぶし)の批評

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://ncode.syosetu.com/n2557fw/

元記事を読む

誰ガ為ノ拳(だれがためのこぶし)(元記事)

この作品は「すべてのジャンルをバランスよく一つにしたら、いい作品が描けるんじゃね!?」と思い、三年前に筆を取ってからずっと書いているものです。

力を入れた点は、心理模写と戦闘模写です。特に戦闘模写は読みやすいように書きました。恐らく、三章になったらすらすら読めるという自負がある、気がします。

不安な点は、第一章です。全体的に文章が固くなりすぎたかな……みたいな雰囲気があります。ひいては第一章じゃ何も完結しないところです。というか三章にあってもまだ完結していませんすみませんすみませry

シーンの狙いは、一言にすると青春王道拳コメディシリアス日常バトルがどのように組み合わさっているかです。正直僕も何言ってるかわからないです。

ウケるために工夫したことは、読みやすいようでいて読みにくい、また、読みにくいのに読みやすいという不思議な文章にしたとかであったり、やはり戦闘模写に力を入れたり、シリアスながらもみんなの力でそれほど雰囲気は怖くならないとかです。

おねがいしまぁぁぁぁぁす!

誰ガ為ノ拳(だれがためのこぶし)の批評

投稿者 お名前無い太郎 投稿日時: : 0

白狼は朧げに(4)まで拝読させていただきました。私も現代バトルアクションファンタジーを書いてる身です。同じ畑ですので『能力説明の仕方がわからん』とか『どの程度情報を小出しにすべきか丁寧にすべきかわからん』等の悩みはわかっているつもりです。
そんな私の意見でよろしかったら、どうかご活用ください。

長所。良かった点

『解はない。ないからこそ存在するのだ』のキャッチコピー素敵です!これだけで『ああ、これは個々人が自分なりの「解」を求める多様性の話なのかな?』とスタンスが想像(あるいは理解)できます。私もキャッチコピーをストーリーの主軸に据えているので同じ作法を取ってる人がいてくれて嬉しいです!
また、『読者(私)が多人数のキャラクター像を一度で理解できる・覚えられる』というのは羨ましいばかりの技量です。物理最強のノルさん、ジト目奔放の紫ちゃん、強くて元気で元敵のフィアちゃんといった具合に、特徴が一読しただけで理解できました。

一章が不安かつ『プロになりたい』ということですので、率直に申し上げます。
『白髪1』を読んでいる最中、こう思いました。
「この起伏のない展開いつまで続くの…?」
……次の話でヲージさんが来て、展開が急に動きますね。でも初見ではわかりません。作者は最初から白髪3で展開が変わるのを知っているから、「えっ、ここまで読み進めるのも我慢できないの?」となることでしょう。しかし読者にはわかりません。
読者にしてみれば、「いったいいつまでこのふわふわした展開続くの…?だってあらすじにバトルものって書いてあったからクリックしたのよ?なのに日常ばっかなんだ…今バトルモノ読みたかったのになぁ…じゃあな!!」。
いえ、わかります。おそらく、江本先生は『日常パート兼登場人物紹介』をしたかったんですよね。
でしたら最初、主人公含めた仲良し三人組でキーパーソンとなる緑お姉さんとヲージさんの話をしてしまうのはどうでしょうか?
達夫くんが緑お姉さんを知ってるのが不自然なら、紅ちゃんと白くんで緑お姉さんの入院先にお見舞いに行く(あるいは緑さんの部屋を掃除する・アルバムから緑さんの写真を見つける等)のはどうでしょうか?
そこで『何故彼女が入院することになったのか』『在りし日の緑とヲージの仲睦じい様子』『白髪のヲージという人物が失踪している』の情報を読者に与えてしまいましょう。読者は「あれ?もしかして『始まり(1)』の白髪はこのヲージさん?ほうほう、キーパーソンは義兄と緑姉さんなんだな」「こんなに尊い夫婦だったのに…。ヲージさん可哀想…」と理解します。ついでに「おっ。この世界は顕現能力ってもんがあるんだな。主人公はきっと後々この力に目覚めるに違いないぞ!」などと思ってくれます。『主人公の覚醒』というゴールを勝手に見つけてくれるから、多少日常ターンが長引いても付いてきてくれます。白くん最初から覚醒済みのようですが、読者はそんなこと知りませんからね。
その後に山田くんと紅ちゃんと遊びに行き、ノルさんや紫ちゃんを出したら良いのではないでしょうか?
ついでに日色家がどれだけ凄いのか、軽くアピールしてくれると助かります。あくまでも私の感想なのですが、私完全に日色家(黒家?)って業界でもかなり零細企業だと思ってました。「親族経営会社?っぽいからきっと規模小さいんだろうな〜」と思ってたので日色家敵に回すとまずいと言われて「零細企業なのに?」と初めて江本先生との情報格差に気付きました。

あとすみません…おそらくページに落丁があります…!顕現能力とセカンドアビリティの説明をした話が抜けてます…!そのせいでせっかくの綺麗で丁寧な戦闘描写なのに「セカ…え?それは…いったいどのくらい凄いものなんだ…?」と読者は急に置いてけぼりになっている状態です。

色々と言ってしまいすみません。白状申し上げれば、とても魅力的で興味のある作品です。推しはフィアちゃんです。次にノルさん。その分、置いてけぼりになってしまうのが辛く…。
「置いてけぼりになるなんて初めて言われた」ということでしたら、確実に私の読解力不足なのでしょう。お気になさらないでくださいませ。
江本先生の執筆をこれからも楽しみにしています。

良かった要素

ストーリー

スレッド: 誰ガ為ノ拳(だれがためのこぶし)

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「誰ガ為ノ拳(だれがためのこぶし)」の返信一覧

他の批評依頼

狂人の手記

投稿者 作家凡庸主義 返信数 : 4

投稿日時:

15歳、中学生です。 いかに不安定な人間かを見せるのに注力しました。 以前とある小説合評会で出した作品になります。 芥川龍之介... 続きを読む >>

欠点の指摘歓迎!

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://monogatary.com/story/105866

織原莉乃は出る杭だから打たれる前に打ち返す

投稿者 20時18分 返信数 : 0

投稿日時:

初めてこちら利用させて頂きます。 何となくで書き初めて少し続き、物書きが趣味のひとつに自分の中でなってきたかなという程度の者です。... 続きを読む >>

欠点の指摘歓迎!

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://ncode.syosetu.com/n0640es/

『87人目の勇者候補』~正しいゲームのハマりかた〜

投稿者 田中ヒロミチ 返信数 : 1

投稿日時:

現代社会と日常的にプレイしているゲーム。二つの世界のうち、片方、ゲームの世界がちょっとだけ変わったら。 子供の頃体験したような理不... 続きを読む >>

長所を教えてください!

小説投稿先URL(別タブが開きます)
http://ncode.syosetu.com/n9442ek/

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

ノベル道場/小説の批評をし合おう!の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ