小説のプロット相談掲示板

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~ (No: 1)

スレ主 冬空星屑 投稿日時:

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

キャッチコピー:異世界人外転生して、ダンジョンで無双!

カテゴリー:ラノベ(中高生向け)

あらすじ

〈大神〉に召喚された六人の人間。
それぞれに〈大神〉の加護ととても強い技能(ユニークスキルのような物)が与えられる。
さらに、戦闘力に直接関わらない、異世界での富や地位、名誉などの願いを二つまで叶えてもらえる。
行うのはサバイバル・ゲーム。
互いに互いを殺しあい、最後に残った最強の人間を神にするゲーム。
〈大神〉は言った。「さあ、生き残るための最善を尽くせ!」

主人公を除く五人の人間たちは自分の技能を確認したあと、それぞれの願いを二つ叶えてもらい、次々と異世界へ転移して行った。
最後に残った主人公の願いは、
『とっても強い王様の子どもに生まれ変わって』『自宅警備に徹したい』です。

主人公は『星王竜(とっても強い地竜の女王様)の息子(竜の卵)に転生』したが、何故かさらに転移してダンジョンにたどり着き、『自宅警備(ダンジョン防衛)をする』ことになる。

数多のダンジョンへの侵入者。
家に引きこもってグータラしたい主人公。
竜としての規格外の能力で、ダンジョンをガッチガチに固めて、引きこもり。
お昼寝して過ごす。

十数年後、稀にみる凶悪ダンジョンを倒すために『剣王』がやって来たり、『勇者』がやって来たり。
逆に、「仲間にならんか?」と魔王が勧誘に来たり。

主人公は、やってくるのが、自分を殺しに来るゲーム参加者かもしれないので、片っ端から撃退していく!
「まだ永眠はしたくない!!」

キャラクター

土山竜也(つちやま りゅうや)
星王竜の息子。この世界で、この竜より強いヒキニートは存在しない。
殺しあいをせず、かつ自宅に引き篭ってグータラしたいという願いを見事に叶えられた、と言ってもいいだろう。
ダンジョンマスターになったので、ダンジョンをガッチガチに固めて、侵入者を片っ端から罠とモンスターで殺していく。自分は決して手を出さないほど臆病。かつ面倒臭がり。
竜になったからか。侵入者を殺したり、食料を確保する(動物を殺す)ことには何ら嫌悪は抱かない。
総評。
頑丈な迷宮に閉じ篭る臆病さと、基本寝てばかりの怠け癖がある。
ただし配下や家などの自分の物を奪われるのは嫌(前世の影響)。
面倒ごとは人任せ。

蝶々型迷宮核(ダンジョンコア・バタフライタイプ)
初級、下級、中級、上級、聖級…………と続く魔法や剣術。
その中でも、上級風魔法を使える。他の四大属性魔法を中級、光、闇属性魔法も下級まで使えるようになった努力家。
しかし、とても不運な娘。
最近の悩みは、ダンジョンマスターが寝てばかりで仕事をしてくれないことと、ダンジョンマスターが大きすぎてうっかり潰されて死にそうなことと、何故か『王竜』とか『剣王』とか『魔王』とか『勇者』とか強い侵入者ばかり来ること。

設定(世界観)

 まだ〈大神〉が六柱しか存在しなかった時代。〈大神〉たちは、七柱目の〈大神〉を作ろうと考えた。
 〈大神〉たちは共同で一つの世界を作り上げ、互いに不干渉を誓い、その世界である程度繁栄する種族が現れるのも待った。
 結果として人間が繁栄したので、人間を〈大神〉にする方法を考えて、とある〈大神〉の提案により蠱毒を用いることにした。
 蠱毒とは『ヘビ、ムカデ、ゲジ、カエルなどの百虫を同じ容器で飼育し、互いに共食いさせ、勝ち残ったものが神霊となるためこれを祀る』というものだ(Wikipediaより引用)。実際にはそこで出来上がった毒を毒殺に使ったりするのだが、そこは置いておく。神になるという点が重要である。
 〈大神〉たちはそれぞれ異なる世界から、才能がありそうな人間たちを〈神界〉に喚び出し、まとめて説明をした。
 召喚された六人には、それぞれを喚び出した神からとても強力な技能(ユニークスキル的な物)が与えられ、さらに異世界での富や地位などの戦闘力に関わりが少ない願いなら二つまで叶えてやると言われた。
 

異世界の時代は、剣と魔法のファンタジー世界。
長距離移動手段は無し。
モンスターからドロップする気石(魔石のような物)から気力(オーラ)を取り出し、エネルギー資源にしている。
ダンジョンは、そんなモンスターをたくさん生み出す地下迷宮(油田のような認識)。ただし放置し過ぎると増えすぎたモンスターがダンジョンから出てきて周辺の町や人を襲う。
凶悪ダンジョンは、ダンジョンの心臓(ダンジョンコア)を破壊して倒す許可が降りている。

勇者:ちょーちょー強い。理不尽の権化。本気を出せば、国を滅ぼせる。
剣王:ちょーちょー強い。剣の国の王様。あるいは、元王様のこと。本気を出せば、国を滅ぼせる。
魔王:ちょーちょー強い。悪魔の王様。魔術が得意。悪いことをしていなくても何故か勇者につけ狙われる。
星王竜:十柱いる竜種の王族の一柱。地竜の王様。ちょーちょー強い。

主人公:星王竜の息子。ちょー強い。上記の存在にはかなわないが、ダンジョンがあれば対抗できたりする。

参考作品

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで、転生したらスライムだった件、魔王様の街づくり、始まりの魔法使い、地龍のダンジョン奮闘記、ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか?、ダンジョンと旅するセカイ

作者コメント

 主人公と設定以外ほとんど決めていません。
 設定を練っても、物語に落とし込むのがとても下手くそです。
 前作の反省を生かし、主人公が世界観を知っていく過程で、世界観を説明できたらなぁ、と考えています。

この小説に意見を書く!

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~の返信 (No: 2)

投稿者 ソラナキ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

ふむふむ。つまり前作の過去の話ですか。
つまり龍神、主人公ですね!

……まあそれはともかく。
これはまた、難しいのを題材にしましたね……。引きこもり系主人公ですか。それも最強クラスの。

となれば、まずは設定を煮詰めていきましょう。
まず、強さに関してはちょー強いとかでまとめないで、具体的にどれだけのことができるか書いてみましょう。

大国を一撃で吹っ飛ばせるのか、それとも街を一つ吹き飛ばせるくらいなのか。
そこら辺の強さと、主人公がそれらに対してダンジョンをどう使えば抵抗できるのかも、決めたほうがいいと思いますよ。

そして、蠱毒。
これ蠱毒でしょうか。関係ないものがたくさん混じっている時点で、永遠に決着が付かない可能性が高い気がします。
おそらく最終的に主人公以外が全滅して主人公が大神になるのだとおもいますが、それまでに至る過程が重要です。

そして、戦闘能力に関係のない願い事を二つまで。
これ、結構重要な要素ですよね。二つだとかなり融通が効きますし、予想だにしない穴を突く可能性も出てきます。
ですが、その分扱いが難しい。いずれ願いの組み合わせがかぶったりする時も来るかもしれませんし、とにかく色々と考えねば。

あと、ダンジョンコアってなんです?
しかも娘って、ちょっとぶっ飛んでて読み取れません。ヒロインはこの子でいいんでしょうか。

総評。
なんというか、大雑把。詳しい戦闘力とか、そういうところを考えてみると面白いかもしれません。

良かった要素

オリジナリティ

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~の返信の返信 (No: 3)

スレ主 冬空星屑 : 0 No: 2の返信

投稿日時:

 ありがとうございました。
 前作からおよそ百万年くらい前の話しですね。

 すみません。まず娘について。ただの間違いです。少女という意味で書きました。間違いです。
 次に蠱毒ですね。
 しょせんはWikipediaからの引用、聞き齧っただけなので、可笑しいのなら止めます。
 要するに、強いやつ同士で戦わせて、進化させて、戦闘力が最も高いやつが神になれる。というものです。
 なぜ神になれるの?→〈大神〉たちがなれそうな才能ある者たちを集めたんだよ。という認識で。

 ヒロイン…………考え込みます。とりあえず、マトモなヒロインを。
 候補は、ダンジョンに侵入して、主人公と最初に戦い合う予定の『剣王(不老長寿で容姿は成人くらい)』です。
→竜って自分を倒せるくらい強い女性に惹かれるイメージがあるため。

用語説明

冒険者ギルド
 依頼(クエスト)を受けて、素材採集やモンスター討伐などを行う冒険者のギルド。
 ギルドは他にも商業ギルドや鍛冶ギルド、パン屋ギルド何てものもある。
 主な依頼は、『討伐』『調達』『護衛』『配達』『調査』『潜行』である。
 冒険者には、ストーン級から王級までのランクがある。これは依頼達成速度や依頼達成率、信用できるか否かなどが大きく関わる。もちろん戦闘力も。
 人間やモンスターの戦闘力は、脅威度である程度分類している。G-からSSSまである。
 しかし、人間(一般人、農民とか)の平均はF+ランク、Sランクで『剣王』や『魔王』くらいの強さである。
 伝説に出てくる史上最強の勇者の強さがSSランク。その勇者ですら敵わないと言わしめた神を便宜上SSSランクとしている。

※数値は目安であり、物語内では出さない予定。またそのランクの“モンスター”の平均な能力を表している。人間の基準はそれを討伐可能か否か。
※AランクとSランクは能力を検討中。(神はともかく、進化しているとはいえ人間に光速移動するモンスターを討伐可能なのか、という疑問
 肉体を捨てて幽体とか霊体になればいけるだろうか?)

+:神格(神)
SSS:時間に干渉 神級
-:心核(亜神)

+:
SS:世界(因果等)に干渉 帝級
-:魂体生命体の下限

S+:
S:百億~(光速108億) 冒険者・王級
S-:十億~
  冒険者・アルティマイト級

A+: 
   冒険者・アダマンタイト級
A:一瞬だけ光速の攻撃が放てる者もいる
    冒険者・聖級
A-:百万~
    冒険者・オリハルコン級

B+:10万~
    冒険者・ミスリル級

B:音速で移動、攻撃できる者もいる
  10000~ (音速12250) 冒険者・ジュエル級
B-:
  6600~ 冒険者・プラチナ級
C+:4500~ 冒険者・ゴールド級
  
C:3000~ 冒険者・シルバー級
C-:鉄程度の強度
  2200~ 冒険者・カッパー級

D+:1500~ 冒険者・ダマスカス級
D:1000~ 冒険者・スチール級
(力1000・百キロの大剣を振り回す)

D-:660~・木材程度の強度(900位)
   冒険者・アイアン級
E+:450~ 冒険者・ウッド級
E:300~ 冒険者・レーザー級
E-:220~ 冒険者・ストーン級
F+:150~ (人間平均200)
F:100~
F-:66~
G+:45~
G:30~
G-:20~

剣神流剣術
 〈剣神の恩寵(加護の一種)〉を授かった伝説の剣王が広めた剣術。
 初級、下級、中級、上級、聖級、王級、帝級、神級と段階がある。
 『剣王』とは、王級剣術と王級剣技を修めた者たちの称号で、『剣王』になった者は、剣の国の王様になる。
 その強さは一国の軍隊に匹敵、あるいは凌駕する。
 『剣王』の放つ剣技【斬空】は空間をも切り裂く(防御力無視あるいは防御貫通)。

魔法
 全ての、気力と知性がある種族が使える。
 〈魔法神〉が体系化した。
 剣術・剣技と違い、初級から王級まで存在する。
 体系化されているため種類は少なく、応用が難しい。詠唱を唱えて、魔法を発動する。
 魔法王が放つ王級の魔法は、熔岩の雨を降らし、暴風で全てを吹き飛ばし、水で全てを押し流し、大陸を揺らすとされる。

・ダンジョン
 侵入者が発する気力(オーラ)を吸収し、ダンジョン・ポイント(以降DPと呼称)にしてダンジョン作成・防衛・拡張などに使用する。
 数多のモンスターや財宝が眠るので、腕に覚えがある者たちが多くやってくる。
 ダンジョンには、ダンジョンマスターがいることがあり、マスターがいるダンジョンは、全体的に凶悪化するか、最奥の守護者(マスター)が凶悪化する傾向にある。

 実際には〈創造神〉がシステムを造り上げた、擬似的でとても小さな世界である。
 ダンジョンの入り口の中は、異なる空間で構成されており、基本的には最大で10㎞四方の正方形が階層上になっている。
 〈創造神〉曰く、さっさと世界を発展させるように急かされた。

・ダンジョンコア
 ダンジョンの心臓部。これが破壊されるとダンジョンが崩壊する。
 水晶のような球状の結晶(本体)と自由にダンジョン内を動くための肉体がある。
 肉体はタイプによって強さが違うが、一度殺される(破壊される)と治すのに大量のDPが必要になる。通常の怪我は魔法とかで治る。
 またコアにはダンジョン内の全てのDPがある。ダンジョンと共に成長し、ダンジョンと共に死ぬ。
 その特性上、結晶本体は気力を大量に含むため、最上位の魔法触媒や最上位の素材に該当する。欲しがる者は多い。
 しかし、ダンジョンは資源なので、管理されているダンジョンを崩壊させるのは、人間的には犯罪。故に人間に都合の良いダンジョンを作るダンジョンコアが多い。(ダンジョンコアはダンジョンの数だけある)

 実際には、擬似的な世界(ダンジョン)を管理するための特別な種族で、〈創造神〉の眷属に近い。
 生れたてのダンジョンコアには、それぞれに異なる様々な知識が与えられており、ダンジョンコアが与えられた知識、性格によって作るダンジョンは異なる。

とりあえずこんな感じでしょうか?

願いごと。重要ですよね?
六人はあくまでも神になれる才能があるだけで、頭が良いとは限らない(主人公のように)。
また主人公は転生を望みましたが、他は転移してますので、主人公が卵になってから生まれるまでの間も活動しています。
『◯次元ポケット』を要求して、そこから欲しいと思った分だけお金が湧き出る機能をつけた人がいたり。
〈大神〉と自由に会って話せるようにして貰った人もいます。

予定では、主人公が引きこもりをしている十数年の間に、ゲーム参加者同士で殺しあい、二人ほど死なすつもりです。

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~の返信の返信 (No: 4)

スレ主 冬空星屑 : 0 No: 2の返信

投稿日時:

竜は成長と共にとても強くなる。
幼竜:0~9歳。C~C+
若竜:10~99歳。C+~B-
成竜:100~999歳。B~A-
老竜:1000~9999歳。A
古代竜:10000歳~。A+~

星王竜:S

主人公は幼竜の時点でBランク。授かった技能を含めれば、B+~A-に匹敵する。
「十数年後」の若竜の時点で、Aランク。技能を含めればA+ランクくらい。

幼竜は親の巣(山奥や谷底)にこもるのが普通。
また竜は人間を越える知能があるので、人間同様、魔法が使える。
そして竜のみに使える竜術を使用する。
竜技【竜の息吹(ドラゴン・ブレス)】などは生れたてでも使用できる。

主人公は、ダンジョンで土魔法【傀儡作成】でゴーレムを作る予定。
地竜としての土魔法に対する適正もあり、CやBランクのゴーレムを後々作る。
基本的には物量で侵入者を追い払う。
主人公にとって粘土人形を作っているような感覚(趣味の一環あるいは暇潰し)。
ダンジョンの防衛という点でも一石二鳥だと考えている。

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~の返信の返信の返信 (No: 5)

投稿者 ソラナキ : 0 No: 4の返信

投稿日時:

うん、まあ、光速行っちゃうと世界が大変なことになるのは追いといて、そもそも霊体とかなったら人間かなあ。そこまで行くと肉体が変質する、程度にした方が良さそうです。
あと、光速で移動するモンスターがいたとしたら、移動だけで街とか吹っ飛びますよね。まあ物語にそこまで追求するのは無粋ですが。

それに、極端なインフレが進む類のバトル系は、ぶっちゃけ引きこもりの主人公がどうにかできるレベルじゃないと思います。
ダンジョンを作る、にしたって、そんな光速移動が可能な連中をどうやってやればいいのかと。概念系の能力を持ってたとか、そういうバランス調整が大事なんですよね。

ほら、ノベルゲームのディエスイレみたいなやつです。知らないかもしれませんが。
アレは、ラスボスが『星操作しての平行宇宙規模の攻撃・自分が負けたらゲームリセット』や、『殺した相手を自分の奴隷とし、自分の配下を自分と同等の出力(宇宙破壊規模)に引き上げる・配下は不老不死』などのチート能力を持っていました。
逆に主人公は、『時間の停止(ただし同程度の規模相手だと相殺されてある程度弱まる)・それに反しての自分の無限加速・首を刎ねたら一撃必殺(ただし前述のゲームリセットにはヒロインの協力が必要)・仲間に時間停止の鎧を与えて出力を自分と同規模に拡張、防御力を大幅に上昇』という時間系最強クラスの能力者です。
つまり全力で殺しに行くスタイルなんですよね。

だけどこの主人公は、引きこもり系。
光速移動クラスのインフレが相手だと、派手なバトルが描けない上に光速で動けるならこれもできるんじゃないのとかの読者のツッコミも想定しなければならない。

基本引きこもり系はあまりインフレしない作品であることが多いです。
あまり根本から否定するのもなんですが、冬空さんの世界設定と引きこもり系は非常に相性が悪いです。

そしてヒロインとの出会い。
最初に潜入……なんで最強クラスがまだ弱いダンジョンに侵入したんでしょうかね。性格に関しては見てみない限りわかりませんが、また属性付与しただけの人形じゃないことを祈ります。

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~の返信の返信の返信の返信 (No: 8)

スレ主 冬空星屑 : 0 No: 5の返信

投稿日時:

まず強さを変更しました。どうでしょう?

+:神
SSS:時間に干渉 神級
-:亜神

+:10億~
SS:世界に干渉 帝級
-: 1億~

S+:3000万
S:空間に干渉
  1000万~ 冒険者・王級
S-:350万
  冒険者・アルティマイト級

A+:100万
  冒険者・アダマンタイト
A:冒険者・聖級 30万~
A-:10万~
    冒険者・オリハルコン級

B+:3万~
    冒険者・ミスリル級

B:音速での移動、攻撃
  10000~ (音速12250) 冒険者・ジュエル級
B-:6600~ 冒険者・プラチナ級

またダンジョンの広さを最大で、一辺10キロメートルの立方体にするか、一辺一キロメートルの立方体にするか。
どちらがより良いと思いますか?

『剣王』や『魔王』がやって来るのは、主人公が転生して数十年後。
主人公のダンジョンが、まれに見る凶悪ダンジョンとして噂された後にします。
どうでしょう?

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~の返信 (No: 6)

投稿者 ドラ猫 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

拝見させていただきました。何点か疑問に思った部分について失礼します。
モデルは蟲毒とのことですが、主人公は始めから戦うのを放棄しているような願いを言っていますがこれはよろしいのでしょうか? 神としてはさっさと殺し合って、さっさとケリをつけてくれって感じではないのでしょうか?
そもそもそんなすごい力を持った神が6人もいるならば、自分たちで7人目の神を生み出すことも可能なのではないでしょうか? 設定を見る限り、特に人間を神にしないといけない理由も見当たりませんし。
一番の疑問、戦闘力には関わらない範囲で願いを叶えると言っているのに、主人公が転生してちょー強いドラゴンになっていますが、これはよろしいのでしょうか?
それにドラゴンなんてすごいものに転生させられるならば、神にも転生させるとかできちゃいそうです。

長所。良かった点

殺し合いの中で主人公だけ引きこもりという設定は目を惹かれました。

良かった要素

ストーリー 設定

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~の返信の返信 (No: 7)

スレ主 冬空星屑 : 0 No: 6の返信

投稿日時:

戦闘方法は指定されていないので、何でも構わない。
〈大神〉たちに寿命は存在せず、一番若い〈大神〉でもこの時点で十億年生きている。次に若いのが、数千億歳。
一万年や百万年くらいならこの〈大神〉たちは気にしない。

〈大神〉たちには、神とか眷属とかを生み出せるものもいる。
ただし、〈大神〉を生み出すことは不可能。
また〈大神〉になれるのは、“ある程度”自力で神になったものだけ。
〈大神〉たちは、七柱目の〈大神〉を作り出したい。

巨万の富で、ちょー強い武器を買い揃えるのもあり。
一国を支配して、軍隊を得るのもあり。
『技能』関連でなければだいだい何でも叶えて貰える。

という感じでどうでしょう?

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~の返信の返信の返信 (No: 9)

投稿者 ドラ猫 : 1 No: 7の返信

投稿日時:

こういっては何ですが、設定だけ見せられても特に魅力を感じません。やはりモノカキとしてはストーリーを見せていただきたいというのが本音です。
「最強のヒキニート」という設定は興味を惹かれましたが、それをどうストーリーに落とし込むかで良くも悪くもなります。

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~の返信の返信の返信の返信 (No: 10)

スレ主 冬空星屑 : 0 No: 9の返信

投稿日時:

ストーリーを相談したいのです。
やはり主人公は、臆病で怠け者なので、基本的にはダンジョン最奥から動かないわけです。
それをどう魅せるかを悩んでしまって。
案は少しあります。

1。土魔法でゴーレムを作る
2。ダンジョンの機能でモンスターを作り、そのモンスター達が活躍する(苦戦した所で主人公登場)
3。まだダンジョンが小さい頃に侵入した弱い敵が配下になる。

などです。
どうでしょう?

この小説に意見を書く!

他の批評依頼

異世界最強のクリティカル・バッファー

投稿者 ソラナキ 返信数 : 6

投稿日時:

もっと設定を煮詰めたいです。ダークファンタジー風味にしたいので、ご意見お願いします。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

極光のバベル

投稿者 七時雨こうげい 返信数 : 5

投稿日時:

新人賞公募用のプロットです。長編作品は今まで二作品仕上げていて、ジャンルはSFとスチームパンクでした。本格的なファンタジーは今回で初... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

クラス召喚で俺は最強を目指す

投稿者 神代夜刃 返信数 : 1

投稿日時:

力をいれたのはキャラクターの持つ技能。 様々な工夫を凝らし、キャラの性格なども表す。不安なのは、キャラの名前や異世界人の設定。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~ 投稿者: 冬空星屑

 主人公と設定以外ほとんど決めていません。
 設定を練っても、物語に落とし込むのがとても下手くそです。
 前作の反省を生かし、主人公が世界観を知っていく過程で、世界観を説明できたらなぁ、と考えています。

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ